ピクシーは意識した? 国内外で大反響、名古屋サポ「ガッツポーズお姉さん」が明かした「あの瞬間」

ピクシーは意識した? 国内外で大反響、名古屋サポ「ガッツポーズお姉さん」が明かした「あの瞬間」

ピクシーは意識した? 国内外で大反響、名古屋サポ「ガッツポーズお姉さん」が明かした「あの瞬間」の画像

FW山崎凌吾選手のシュートが決まると、右手を思い切り空に突き上げる。直後に、両手を手前で握り締め...。2021年4月22日に行われたサッカーJ1リーグの名古屋グランパス対ガンバ大阪の試合で、名古屋サポーター女性のそんな姿が、スポーツ動画配信「DAZN(ダゾーン)」に映った。

ホームの豊田スタジアムでの熱烈な応援もあって、名古屋は2-0で快勝した。すると、名古屋公式ツイッターも「ファミリーの全てを代弁」と女性を絶賛し、Jリーグや海外クラブまで反応するほどの反響を呼んでいる。その印象的な姿から「ガッツポーズお姉さん」の愛称も付いたあゆねさん(22)に、サッカーへの思いを聞いた。(聞き手・構成:J-CASTニュース編集部 野口博之)

コラボ動画で紹介されたが、ピクシーを意識したわけではなく

――名古屋のツイッターでは、ピクシーことクラブのレジェンド選手ドラガン・ストイコビッチさんのガッツポーズ動画とコラボして紹介されていましたね。意識していたことはありましたか?

あゆね:GKランゲラック選手からボールを受けたDF吉田豊選手が、FW相馬勇紀選手にパスし、相馬選手が左サイドから縦に突破して、いい感じだなと。左足のクロスを上げた瞬間、いけると思いましたね。ガッツポーズは、自然と「お!やった〜」となっただけです。うれしい感情が表れたもので、ピクシーを意識したわけではありません。同じだなと言われ、似ていたとされたのには、本当にびっくりしました。一眼レフのカメラを首に下げていましたが、写真どころではなかったですね。カメラには気づいていなかったです。

――スペインのラ・リーガ1部カディスの日本公式ツイッターも、「愛に溢れた応援」と絶賛し、あとちょっとで1部に残留できるとして、そのときはガッツポーズしてもいいかと反応していましたね。

あゆね:ここまで反響があるとは思わなかったので、本当に驚きました。4日前のサガン鳥栖戦でも、DAZNに映っていて、友達に「監督みたい」って言われてます。そのときは、ガッツポーズではなく、「よし!行こう」と手を叩きました。なかなかゴールが決まらなくて、残念、惜しいと思ったとき、気持ちを切り替えて頑張ろうと呼びかけました。今回とは違うゴール裏で観戦していましたが、2回連続でDAZNに撮られてしまいましたね。

――ツイッターでは、昨年の湘南ベルマーレ戦で、あゆねさんが観戦マナーのなっていないサポーターに怒り心頭の様子だったと投稿がありました。それに比べて、あゆねさんのマナーは模範的で、このサポーターは、隣に座っていて感服したとのことです。

あゆね:コロナ禍の中ですが、選手のプレーなどに感情的になって声が出ちゃうんですね。席では、周りに子供もいますので、暴言などはダメと伝えようとしました。私も、感情的になってしまうことはありますが、お互いに穏やかな気持ちで観戦したいですね。

川島永嗣選手を見て、守っている人がカッコいいとサッカー好きに

――あゆねさんは、2014年から日本代表を応援し始めて、サッカーが好きになったとのことですね。サッカーとの関わり合いを教えて下さい。

あゆね:ブラジルワールドカップ初戦のコートジボワール戦をたまたま家のテレビで見ていて、キーパーの川島永嗣選手のプレー姿がめちゃくちゃカッコよかったんですね。負けた試合で、相手に決められたシーンもあるんですが、めっちゃシュートを止めてたんで。手を叩きながら仲間を鼓舞して、雰囲気を変えたりするんです。試合後に早速、代表のユニフォームと川島選手のマフラータオルを購入しました。

――川島選手が人生で一番好きで、第3戦のコロンビア戦を観戦する姿が話題になった川島選手の奥様みたいに注目されそうと言われたそうですね。ツイッターのヘッダー画像も、川島選手ですか?

あゆね:2年前のキリンチャレンジカップで、日本代表の公開練習を見に行ったことがあり、そのときに私が撮りました。守っている人がカッコいいなって思うんです。

―― 男性は、守ってくれる人がタイプなんですか?

あゆね:そういうことじゃないですね(笑)。私のことを好きになってくれた人がタイプです。守ってくれる人として、ディフェンダーも大好きですね。ピンチのときに助けてくれるじゃないですか。キーパーの前で、危ないなと思ったときに、ボールをカットしてくれて、カッコいいですよね。

――2019年から名古屋グランパスのサポーターになったそうですが、どんなきっかけがあったのですか?

あゆね:私の友人がグランパスのサポーターで、「サッカー好きなら、見に行こうよ」と言われ、ホームの開幕戦に行きました。愛知に実家があり、生まれたときから住んでいますが、近いところでは、グランパスか静岡のジュビロ磐田がありましたね。初めてJリーグの試合を見て、選手の人生に立ち会っている感じがよかったんです。選手が移籍して違うチームで戦うとき、例えば、名古屋からFC東京に行ったとして、アウェーのチームについて、メンバー紹介のときに名古屋のサポーターが拍手したりします。そして、選手がゴール裏にあいさつに来る。当たり前のことかもしれませんが、何か「あったかいなあ」と思ったんですね。それ以来、ホームの試合は必ず行っています。アウェーは、北海道や広島、長野、静岡など、行けるときに行きますよ。

芸能活動の経験もあるが、小中学校の先生になってサッカーも教えたい

――あゆねさんは、3年前に芸能の仕事を少ししていたとツイートされていました。そのときに応援してもらったファンから連絡も来たそうですが、どんな活動をされていたのですか?

あゆね:芸能活動はちょっとだけで、もう昔の話ですね。ファンの方からツイッターでDMが来て、「ガッツポーズ見ましたよ。○○さんですか?」と聞かれ、「そうです」と答えました。すごく応援してくれていた方で、とても懐かしかったですね。芸能の仕事を辞めたのは、今通っている名古屋市内の大学のコースにある養護教諭になりたかったというのもあります。保健室の先生ですね。

――今後、芸能活動を再開されることは考えておられますか?

あゆね:芸能をやるつもりは、もうないです。現在は、大学4年生で、地元での就職を考えています。大学では、教育学のほか、看護学も学んでおり、卒業と同時に養護教諭の免許は取れますが、10倍ともされる教員採用試験を通るのが大変ですね。

―― あゆねさんは、サッカーはおやりになったことはないんですか?

あゆね:サッカーそのものはやったことがないんですが、ジュニアのサッカースクールで子供たちに教えるサポートコーチをしています。メインのコーチは、スクールの社員です。幼稚園年中児から中学3年までの子供たちを教えており、サッカーができないといけないので、毎日30分家でボールを触るようにしています。週1回は、公園などでボールを蹴りますね。やるのも、面白いです。1年前にアマチュアのチームに誘われましたが、アルバイトもしているので、時間がなくてできなかったですね。大学卒業後は、勤め先の小中学校で保健室の先生をしながら、サッカー部があれば、その副顧問をしたいなと思っています。

×