東京五輪「観たい競技」ランキング 3位「陸上」2位「競泳」、1位はまさかの...

東京五輪「観たい競技」ランキング 3位「陸上」2位「競泳」、1位はまさかの...

五輪観たい競技 まさかの1位

東京五輪「観たい競技」ランキング 3位「陸上」2位「競泳」、1位はまさかの...

東京五輪「観たい競技」ランキング 3位「陸上」2位「競泳」、1位はまさかの...の画像

開会式に先駆け、2021年7月21日のソフトボールの予選で幕を開けた東京2020大会。これから、オリンピック(〜8月8日)では史上最多の33競技339種目、パラリンピック(8月24日〜9月5日)では22競技539種目が行われる。

五輪の開幕に合わせ、J-CASTニュースでは読者アンケートを実施。東京五輪・パラリンピックで「観たい」と思う競技を聞いた。はたして、1位に輝いたのは...

花形競技差し置き...五輪1位は?

アンケートはJ-CASTニュースのサイト内で、投票作成サービス「トイダス」を用いて実施。オリンピックは主要53種目、パラリンピックは主要24種目にそれぞれ絞って聞いた。7月14日19時30分〜7月21日13時までに集まった1340票(五輪が800票、パラが540票)をもとに、読者が「観たい」と思った種目を集計した。

まずは五輪だ。5位に入ったのはサッカー(36票)。久保建英選手(レアル・マドリード)ら擁する、男子U-24世代の活躍が期待される。前回リオ大会出場を逃した女子・なでしこジャパンの復活にも注目だ。

4位は野球(41票)だった。アメリカ、ドミニカ共和国など強豪国がマイナーリーガーやベテラン中心のメンバーなのに対し、日本はプロ野球(NPB)で活躍する一線級の選手を招集。金メダル獲得が有力視される。

3位は陸上(46票)。リオで銀メダルを獲得した男子4×100mリレーは、個人9秒台を出した山縣亮太選手、小池祐貴選手が中心メンバーになる見通し。前回大会のメダルの色を超えられるか、注目が集まる。男子競歩にも有力選手がそろい、メダルラッシュが期待される。

2位は競泳(84票)だった。注目は男子200m自由形に出場する松元克央選手。今年4月の代表選考会では1分44秒65の日本新記録を樹立。これはリオ五輪の金メダルと同じタイムだった。日本人では85年もの間出ていない、男子自由形での金メダル獲得が期待される。白血病から復活した池江璃花子選手(リレー種目に出場)の泳ぎにも目が離せない。

そして、1位は「観たい競技はない」(346票)。体操(20票)やマラソン(19票)、柔道(15票)といった花形競技を差し置き、圧倒的な票数を集めた。総投票数800のうち、約43%を占めている。

パラリンピックの結果は...?

次にパラリンピックを見ていこう。

5位は「車いすテニス」(13票)。注目はアテネ大会(04年)以降、3枚のメダルを獲得してきた同競技のレジェンド・国枝慎吾選手。母国となる東京大会での活躍が期待される。

4位は「ボッチャ」(15票)。重度脳性まひ者もしくは同程度の四肢重度機能障がい者のためのスポーツだ。「陸上のカーリング」とも言われ、赤と青のボールを投げ、白い的球にどれだけ近づけられるかを競う。日本代表チーム「火ノ玉JAPAN」はリオ大会でメダルを獲得している。

3位は「車いすバスケットボール」(17票)だった。ボールをめぐり、車いすのプレイヤーが激しくぶつかり合う様は迫力満点。「コート上の格闘技」とも称され、パラスポーツの中でも特に人気のある競技だ。

2位は陸上(18票)。リオ大会の400メートルで銅メダルを獲得した辻沙絵選手の活躍、冬季平昌大会(18年)のアルペンスキーで金メダルを獲得した村岡桃佳選手の「夏冬二刀流」に注目が集まる。

そして1位は「観たい競技はない」(394票)だった。

五輪、パラいずれも「観たい競技はない」が最も多い結果となってしまった今回のアンケート。だが、票の大半は五輪の競技開始前に集まったもの。大会が進めば、人々の思いはまた変わってくるかもしれない。