吉田麻也が「差別的ジェスチャー」に激怒 現地サポの行為に批判相次ぐ「リスペクトなさすぎ」

サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選が2021年10月7日(日本時間8日)に各地で行われ、日本は敵地ジッダでサウジアラビアと対戦し0−1で敗れた。痛恨の黒星を喫した日本はこれで最終予選1勝2敗となり勝ち点「3」は変わらず、本戦出場が危機的状況となった。

■スタンドに歩み寄りサウジサポーターに激怒

前半を0−0の同点で折り返した日本は後半26分、MF柴崎岳(29)がDF吉田麻也(33)に送ったバックパスを相手FWに奪われゴールを決められた。先制点を許した日本はその後チャンスを作るもののゴールが遠く、得点することが出来なかった。

試合終了直後、スタンドのサウジアラビアサポーターが沸き上がるなかで日本代表選手へのインタビューが設定され、主将の吉田がマイクスタンドの前でスタンバイしていた。

視線をスタンドに向けてインタビュー待ちしていた吉田は、スタンドの観客の言動に反応し、スタンドへ歩み寄った。吉田は柵越しにスタンドのサポーターに向けて指を突き刺し激怒。関係者に制止され、なんとかその場を離れたものの、吉田の怒りは収まらない様子だった。

スポーツ各紙の報道によると、吉田はサウジアラビアサポーターによる「差別的ジェスチャー」があったことを明かしている。

■ツイッターでは「吉田麻也がキレるって相当だと思う」

サウジアラビアサポーターの「差別的ジェスチャー」に対して吉田が激怒するシーンが収められた動画がSNSで拡散され、日本とサウジアラビアの間で大きな波紋を呼んだ。

この動画が添付されたツイッターには日本のサポーターから怒りの声が続出。「リスペクトなさすぎじゃ」「尊厳を踏みにじるような光景は酷すぎる」「吉田が正しい」「吉田麻也がキレるって相当だと思う」などの声が上がった。

一方、サウジアラビアサポーターからは「深くお詫び申し上げます」「失礼な行動」など謝罪の声とともに一部サポーターの行為を恥じる声が上がった。

この日の試合は新型コロナウイルスの影響で当初、スタジアムの収容人数の上限60%で開催される予定だったが、6日までに上限が100%に引き上げられることが決定。これにより最大6万人の収容が可能となり、この日は多くの現地サポーターがスタジアムに詰めかけた。

最終予選3試合を終えて1勝2敗の日本は、10月12日にホーム埼玉スタジアムでオーストラリアを迎え第4戦に臨む。

関連記事(外部サイト)