ヤクルト田口、ガッツポーズ即解禁 「リスペクト欠けていた」2日前に反省も...「出ちゃいました」

プロ野球のヤクルトは2021年10月10日、神宮球場で阪神と対戦し6−4で勝利した。

ヤクルトは4−4の同点で迎えた6回にピンチを招くも5番手・田口麗斗投手(26)が気合いの投球で無失点に抑えた。その裏に打線が2点を勝ち越し。チームはマジックナンバーを「9」とし、田口は5勝目を挙げた。

■8日の初戦で糸井を三振に仕留めガッツポーズ

6回1死1、2塁のピンチで田口がマウンドに上がった。打席には代打・糸井嘉男(40)。田口は1ボール2ストライクと追い込むと、最後は137キロのスライダーで空振り三振に仕留めた。

続く梅野隆太郎(30)を四球で歩かせ2死満塁となるも、島田海吏(25)を三球三振に斬って取った。このピンチを気迫で乗り切った田口はマウンド上で雄叫びを上げ、ガッツポーズで感情を露わにした。

こみ上げてくる高ぶりを抑えることが出来なかった。

8日に行われた同カードの初戦、田口は3点リードの7回にリリーフとしてマウンドに上がった。2死満塁の大ピンチで迎えたのは糸井だった。田口は糸井を三振に仕留めピンチをしのぐと雄叫びを上げてガッツポーズを決めた。

ド派手なパフォーマンスに反応したのか、打ち取られてベンチに下がる糸井は、田口を睨みつけるような仕草も見せていた。

■片岡氏「田口のガッツポーズですか、あんなのは出ますよ」

試合はヤクルトが4−1で勝利したものの、田口はガッツポーズに後味の悪さを感じたようだ。

試合後にツイッターを更新し「相手選手へのリスペクトが欠けていた」などと反省の言葉を投稿。しかしマウンド上で感情を抑えるのは難しかったようで、この日もガッツポーズで喜びを爆発させた。

CSフジテレビで解説を務めた野球解説者の片岡篤史氏は、6回のピンチに田口が糸井と対戦する様子を解説しながら8日の初戦を振り返り「田口のガッツポーズですか、あんなのは出ますよ。それほど重要な場面でしたから。あれをやめるなんてことは言えませんよ」と持論を展開した。

そして、6回を抑えて再びガッツポーズが飛び出した田口に対して「田口選手のガッツポーズを見ても分かるとおり、そうとう集中力が高まってましたよね。ああいう風な姿を見ると野手もやってやろうという気になりますよ」と野手目線で解説した。

6回のピンチをしのぎ今季5勝目をマークした田口は、試合後のヒーローインタビューで「中継ぎで大事な局面で投げさせてもらっているのでとにかく目の前のバッター、とにかくどんな形でもアウトを取る、そういう気持ちで挑みました」と試合を振り返った。

■田口「(ガッツポーズを)やって打たれたヤバいんで我慢しました」

そしてこの日、糸井を三振に仕留めた時にガッツポーズを「封印」した理由について「まだツーアウトだったので。(ガッツポーズを)やって打たれたヤバいんで我慢しました」と説明しつつ、島田から三振を奪った瞬間のガッツポーズに「出ちゃいました」と答えた。

今年3月に交換トレードで巨人からヤクルトに移籍し、ムードメーカーとしてチームを盛り上げてきた左腕は「原動力はスワローズの仲間全員ですし、毎試合毎試合たくさんのファンの方が球場に足を運んでくれるのでそれだけがパワーです」と語った。

関連記事(外部サイト)