中田翔1軍昇格に巨人ファン賛否 打撃不振で2度抹消...「お前が必要」の一方「若手起用」の要望も

巨人は中田翔内野手(32)を1軍に登録 調整中に長嶋茂雄終身名誉監督から指導も

記事まとめ

  • プロ野球の巨人は2021年10月12日、中田翔内野手(32)を1軍に登録した
  • ファームでの調整中に長嶋茂雄終身名誉監督から指導、阿部慎之助2軍監督から助言も
  • チームの起爆剤になることが期待されるが、SNSでは複雑な心境を吐露するファンも

中田翔1軍昇格に巨人ファン賛否 打撃不振で2度抹消...「お前が必要」の一方「若手起用」の要望も

プロ野球巨人は2021年10月12日、中田翔内野手(32)を1軍に登録した。打撃不振の中田は10月1日に出場選手登録を抹消されていた。

中田は8月に日ハムから無償トレードで巨人に移籍し、8月21日に東京ドームで行われたDeNA戦で移籍後初出場を果たした。

■移籍後25試合で打率.125、2本塁打

翌22日のDeNA戦では「5番ファースト」でスタメン出場し、7回に今永昇太投手(28)から移籍後初本塁打を放ち存在感を見せたが、その後は打撃不振に陥り9月11日に出場選手登録を抹消された。

スポーツ各紙の報道では、中田はファームでの調整中に長嶋茂雄終身名誉監督から指導を受け、阿部慎之助2軍監督から打撃改善に向けた助言を受けたという。

中田は最短の10日間で1軍復帰を果たし、9月21日の広島戦で「6番ファースト」でスタメン出場した。ところがここでも打撃が向上せず9試合で24打数2安打と不振から抜け出せなかった。

これにともない10月1日に2度目の出場選手登録抹消となり、今回再び1軍に昇格した。中田の巨人移籍後の成績は25試合に出場して打率.125、2本塁打、5打点にとどまっている。

■ツイッターでは「虎狩り頼んだぞ」

チームは現在6連敗中で、先週5日からのヤクルトに3連敗を喫し、続く8日からの広島3連戦で全敗。この間、ペナントレース首位のヤクルトは優勝のマジックナンバーを「9」とし、巨人とのゲーム差は10.5ゲームに広がった。

12日からホームの東京ドームで2位阪神との3連戦を控えるなかでの中田の1軍昇格。中田が打線に復帰することで低迷するチームの起爆剤になることが期待されるが、SNSでは中田の1軍昇格に複雑な心境を吐露するファンもみられる。

ツイッターでは「中田翔復活キタ!!!」「虎狩り頼んだぞ」「お前が必要」などエールを送る声が上がる一方で、「中田翔に代わって抹消される北村普通にかわいそうだよ」「来季につなげるなら若手を起用すればよいのに」「順位はほぼ決まりだから秋広使ってほしい」との声が上がった。

関連記事(外部サイト)