禁止のチャント歌って「ほんとありえない」 日本代表サポにネット激怒「ずっと我慢してんだぜ?」

禁止のチャント歌って「ほんとありえない」 日本代表サポにネット激怒「ずっと我慢してんだぜ?」

応援歌歌う代表サポに激怒

埼玉スタジアムで2021年10月12日に開催されたサッカーW杯アジア最終予選の日本対オーストラリア戦で、一部観客のマナーに疑問の声が噴出している。

■チャントを歌う動画がツイッターに投稿される

最終予選ここまでの3戦で既に2敗し、オーストラリア戦も負ければW杯本戦出場が絶望的となる大一番。背水の陣で臨んだこの試合、日本はオーストラリアに2対1で勝利した。最終予選突破に希望をつなぎに、多くのサポーターが歓喜に沸いた。

しかしネット上では、埼玉スタジアムで応援していたサポーターのマナーに対する批判の声があがっている。

ツイッターには、会場で観戦した人たちが撮影した動画がいくつか投稿されている。

注目を集めているのは、試合終了後のゴール裏で歓声をあげ、チャント(応援歌)を歌うサポーターの姿が映った動画だ。代表ユニフォームを身につけたファンたちがジャンプしながら手拍子をし、大きな声をあげている。

日本サッカー協会は、新型コロナウイルス感染リスクを減らすため、来場客にさまざまなルール・マナーを設定している。拍手や手拍子は容認されている一方、飛沫や接触を減らす観点から、チャントをはじめ歌を歌うなどの声を出しての応援、ハイタッチや腕組み、応援の扇動などは禁止行為となっている。

日本代表の森保一監督が試合後、ゴール裏に歩み寄り、サポーターへ「ありがとうございます!」と感謝の挨拶をしたシーンでは、サポーターらが「森保コール」や大声でのレスポンスをする姿もあった。

■「Jの各チームの『サポ』はずっと我慢してんだぜ?」

ネット上では、ルールを顧みない一部のサポーターによる行為に対し批判の声が上がっている。

「約2年間Jリーグのガイドラインに従って、その範囲の中で応援してるっていう状況下で、普通にチャント歌ってるとかほんとありえない」
「波物語といい、代表戦といい、一部のアホどもの行動によって積み上げてきたものがぶっ壊されるの、本当に勘弁」
「で、なんで代表ゴール裏はチャント歌ってるんすか?いつからチャント解禁になったの?俺知らないんだけど笑」
「声だして、歌って選手を後押しする応援したくてもほんとに我慢して手拍子してた各クラブサポーターの努力が無にならないことを願います」

ルールやマナーを守って応援を続けてきたJリーグクラブのサポーターなどからも、しかるべき対処をしてほしいとの声が多く投稿されている。

「JFAはチャントを先導した団体を確定して最低でもW杯最終予選中は入場禁止にすべきじゃないの 確定できるのか知らんけど」
「まじ次の日本代表戦は見せしめとして無観客にしてほしい ルールも守れないようなサポーターの後押しなんて必要ない」
「Jリーグサポーターのみんなはみんな我慢して声出ししないようにしてるからして欲しくなかった。自分たちが毎試合声出ししたくても出来ないことを考えて欲しい」
「日韓W杯の時から特に思うけど、なんで代表戦になるとサッカー『ファン』がこんなに増えるんだろ。Jの各チームの『サポ』はずっと我慢してんだぜ?」

関連記事(外部サイト)