カシメロ王座剥奪、井上尚弥への影響は 4団体統一はどうなる?識者が分析する展望

プロボクシング認定団体WBO(世界ボクシング機構)は2022年5月3日(日本時間4日)、世界バンタム級王者ジョンリル・カシメロ(フィリピン、32)の王座をはく奪することを公式サイトで発表した。これに伴い同級暫定王者ポール・バトラー(英国、33)が正規王者に昇格し、世界4団体統一を目指すWBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋、29)のターゲットに浮上した。

■6月にWBC王者ドネアと3団体王座統一戦

カシメロは当初、4月22日に英国リバプールでバトラーを相手に5度目の防衛戦を予定していた。ところがカシメロが英国入りしてから減量のためにサウナを使用したことが発覚。これが英ボクシング管理委員会の定める規定違反に抵触したため試合に出場できなくなった。タイトル戦は暫定王座決定戦に変更となり、バトラーが同級4位ジョナス・スルタン(フィリピン)を判定で破り暫定王座を獲得した。

カシメロ対バトラー戦は昨年12月にも試合直前で中止となり、カシメロのキャンセルは今回が2度目となる。前回はカシメロがウイルス性胃腸炎を理由に前日計量の場に現れなかった。WBO執行委員会はこのような経緯に加え、カシメロが19年11月以降、一度も指名試合を行っていないことなどを理由に王座はく奪を決定した。なお、王座はく奪となったカシメロは同級1位にランクされる見込みだ。

2度にわたる失態で王座をはく奪されたカシメロだが、これが4団体統一を狙う井上にどのような影響を与えるのか。J-CASTニュース編集部は、協栄ジムの金平桂一郎会長(56)に今後のバンタム級戦線に関して話を聞いた。

井上は6月7日にさいたまスーパーアリーナでWBC世界バンタム級王者ノニト・ドネア(フィリピン、39)を相手に3団体王座統一戦に臨む。ドネアを破り3団体王座統一に成功すれば、WBO王座が次なる標的となる。金平会長はプロモーター目線で今後の展開を分析。4団体王座統一を掲げる井上にとってバトラーの正規王者昇格は、マッチメイクの面でカシメロよりもスムーズに進むのではないかとの見解を示した。

「カシメロは昨年12月や今回の規定違反のようにトラブルが多い選手という印象が強い。特に体重に関して不安のある選手は、プロモーターとしては非常に扱いにくい。ファイトマネーに関しても一筋縄ではいかないと思います。新王者のバトラー陣営が、井上陣営にどのように向き合うかは分かりませんが、プロモーター的には様々な面においてカシメロよりマッチメイクをしやすくなったと思います」

■「スーパーバンタム級にはより強い選手がいる」

複数の海外専門メディアによると、バトラーは井上対ドネア戦の勝者との王座統一戦を希望している。ただ、金平会長によれば暫定王座決定戦で王者となったバトラーの次戦は指名試合になる可能性があり、バトラーが願う早期の王座統一戦はスケジュール的に不透明な状況にあるという。

また、金平会長は井上がすでにバンタム級最強を証明しているとし、4団体王座統一にこだわらずに階級を上げる選択肢があっても良いのではないかとの私見を述べた。

「カシメロにせよバトラーにせよ実力的には井上選手の敵ではないと思います。バトラーとの試合のメリットを挙げるとすれば、バトラーの地元イギリスでの開催でしょう。敵地でバトラーを倒して王座を統一すれば、ヨーロッパのファンに強くアピールできる。ただ、バトラー戦を待たずして階級を上げることも私はアリだと思います。5階級制覇を目指す中で年齢的なものもありますし、スーパーバンタム級にはより強い選手がいる。ファンが望むような魅力的なカードを組めると思います」

スポーツ紙などの報道によると、井上はドネアとの王座統一戦に向けてフィリピンからパートナーを招へいし、5月2日からスパーリングを開始したという。

関連記事(外部サイト)