井上尚弥VSバトラー、WBC会長が容認「誰もが認める王者を見たい」 英メディア報道...実現に前進

プロボクシングの世界王座認定団体WBC(世界ボクシング評議会)のマウリシオ・スレイマン会長(52)が、世界バンタム級4団体統一戦にゴーサインを出したと2022年6月22日に英メディアが報じた。

■WBC会長「井上は全てが正確で、全てが機械のようだった」

英メディア「PLANET SPORTS」(WEB版)は、「独占:マウリシオ・スレイマンが英国人ボクサーと井上尚弥の対戦に青信号を出した」とのタイトルで記事を公開。世界4団体王座統一を目指すWBA、WBC、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋、29)とWBO同級王者ポール・バトラー(英国、33)との対戦を容認したと伝えた。

同メディアはスレイマン会長に独占取材をし、井上対バトラー戦に関するWBCの意向を問い質した。

スレイマン会長は6月7日にさいたまスーパーアリーナで行われた世界バンタム級3団体王座統一戦(井上対ドネア)の内容に触れ、「井上は全てが正確で、全てが機械のようだった。井上がスイッチをオンにした時に戦いは終わった」と、2回TKOの完勝劇を振り返った。

そして世界4団体王座統一戦については、誰もが認めるチャンピオンを見たいとの意向を示し、実現に向けて柔軟性を持って他の認定団体やプロモーターらと働いていることを明かした。

■対戦候補バトラーもSNSで反応

複数の王座を統一するにあたりネックとなるのが指名試合だ。各団体それぞれ王者に対して指名試合を義務付けており、王者は団体が定める期間内に指名試合を行わなければならない。王座統一戦を優先させる場合、団体と指名挑戦者陣営との調整が必須で承認されなければ王座はく奪の可能性もある。

このように複数の王座を統一する際には各団体の承認が求められるが、今回非公式ながらメディアを通じてWBC会長が王座統一戦を「容認」したことでバトラー戦実現に向けて一歩前進した形だ。

井上との対戦に前向きな姿勢を見せるバトラーは「PLANET SPORTS」の記事に反応。6月23日にインスタグラムのストーリーを更新し、同メディアが公開した記事の画像を投稿して対戦をアピールした。

関連記事(外部サイト)