カシメロは「ホット」じゃないボクサー 権威ある米専門誌が選出、2度も世界戦キャンセル

米国の権威ある老舗ボクシング専門誌「ザ・リング」(WEB版)が2022年8月17日、元WBO世界バンタム級王者ジョンリル・カシメロ(フィリピン、32)を「ホット」でないボクサーに選出した。

■ウイルス性胃腸炎に続きガイドラインに違反

記事は「ホットなボクサーとそうでないボクサー」などのタイトルで公開され、編集部が独自に人気のあるアクティブな選手とそうでない選手を5人ずつ選出。それぞれに寸評をつけて選出理由などを解説した。

同メディアは、カシメロをホットではないボクサーに選出した理由について世界戦を2度キャンセルしたことなどを挙げた。

カシメロは21年12月にドバイで同級1位ポール・バトラー(英国、33)と5度目の防衛戦を予定していたが、ウイルス性胃腸炎を理由に計量の場に現れず試合をキャンセル。タイトル戦は22年4月に設定されるもここでもカシメロ陣営が失態を犯す。

試合直前に減量目的でサウナを使用し、これが英国ボクシング管理委員会のガイドライン違反となりまたも試合をキャンセルした。代替として同級暫定王座決定戦が行われ、バトラーが暫定王座を獲得した。

■リゴンドー戦後に状況劇的変化

2度にわたる世界戦キャンセルを重く見たWBOは5月にカシメロの王座はく奪を決定した。これに伴い暫定王者バトラーが正規王者に昇格。バトラーは年内にも世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋、29)との対戦が見込まれる。

記事ではカシメロが20年4月に井上と王座統一戦を行う予定だったが、残念ながら新型コロナウイルスの影響で井上が日本を離れることが出来ず試合が中止になったと解説。そして21年8月に元世界王者のギレルモ・リゴンドー(キューバ、41)を破り4度目の防衛に成功した後、状況が劇的に変化したと指摘した。カシメロはリゴンドー戦を最後にリングに上がっていない。

また、「ホット」ではないボクサーにWBC世界スーパーフライ級フランチャイズ王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ、32)、元WBA世界スーパーミドル級スーパー王者カラム・スミス(英国、32)らが選出された。スミスは20年12月に最強王者サウル・アルバレス(メキシコ、32)に判定で敗れプロ初黒星を喫した。

一方、「ホット」なボクサーとしてWBA世界ライトヘビー級王者ディミトリー・ビボル(ロシア、31)、IBF世界クルーザー級王者ジェイ・オペタリア(オーストラリア、27)らが選出。ビボルは今年5月にアルバレスに判定で勝利し世界的に評価を上げた。

関連記事(外部サイト)