ロッテ次期監督は? 球団OBが福浦コーチを勧める理由

プロ野球ロッテのOBで野球解説者の高橋慶彦氏(65)が2022年10月4日にユーチューブチャンネルを更新し、今季のロッテの戦いぶりを振り返りながら次期監督について私見を述べた。

■井口監督退任は「選手もびっくりじゃないかな」

今季最終戦となった2日のソフトバンク戦(ZOZOマリン)後に井口資仁監督(47)が退任を発表。5日には鳥越裕介2軍監督(51)が球団に退団を申し入れ、木村龍治1軍投手コーチ(52)、河野亮1軍打撃コーチ(51)、清水将海1軍バッテリーコーチ(47)、的場直樹一軍戦略コーチ兼バッテリーコーチ補佐(45)が契約満了に伴い退団することになった。

ロッテOBの高橋氏は04年から9年間チームを指導し、1軍走塁コーチ、打撃コーチ、2軍監督を歴任。井口監督の電撃的な退任に「びっくりだよね。選手もびっくりじゃないかな」と驚きを隠さず、「やっぱり責任を取ったんだろうな」との感想を漏らした。

ロッテは今季リーグ5位に終わりクライマックスシリーズ(CS)進出を逃した。高橋氏は成長著しい佐々木朗希投手(20)を高く評価するも絶対的なエースには至っていないと指摘し、打者に関してもチームの軸となる絶対的な選手が存在しなかったとの見解を示した。

そして次期監督に注目が集まる中、高橋氏は選手、指導者として長くロッテに関わった経験から独自の視点で3人の現役コーチを候補に挙げた。

■「福浦の年齢は46歳。ちょうどいいね」

高橋氏は「生え抜きならば」と前置きし、福浦和也1軍打撃コーチ(46)、堀幸一2軍チーフ打撃コーチ(53)、小坂誠2軍打撃兼内野守備兼走塁コーチ(49)の名を挙げ、「俺は福浦を勧める」と福浦1軍打撃コーチを推した。

さらに「福浦の年齢は46歳。ちょうどいいね。経験もあるしチームにも入っているし」とし、「福浦は面白いと思う。そうしたらサブローが帰ってきてコーチをやってヘッド(コーチ)もできる。ロッテを知り尽くした2人がやると組閣もできる」と続けた。

福浦1軍打撃コーチは千葉・習志野高校出身で93年のドラフト会議で7位指名され入団。26年間ロッテ一筋でプレーし、首位打者、ベストナイン、ゴールデングラブ賞など数々のタイトルを獲得。18年には42歳にして2000本安打を達成した。19年シーズン限りで現役を引退し、翌00年シーズンに2軍ヘッド兼打撃コーチに就任した。

高橋氏が候補に挙げた堀2軍チーフ打撃コーチは長崎・海星高校出身でロッテ一筋22年。13年に1軍打撃コーチに就任した。一方の小坂2軍打撃兼内野守備兼走塁コーチは社会人野球を経て97年に入団。現役時代はロッテ、巨人、楽天でプレーし、18年に2軍内野守備・走塁コーチに就任した。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?