ブラジル監督も踊った韓国戦得点ダンスは「無礼」 ロイ・キーン氏が猛批判「相手を軽視している」

ロイ・キーン氏がブラジル代表のゴールパフォーマンスを批判 「相手を軽視している」

記事まとめ

  • 元アイルランド代表MFロイ・キーン氏がブラジル代表のゴールパフォーマンスを批判
  • ブラジルは決勝トーナメント1回戦で韓国と対戦し4-1で快勝、準々決勝進出を決めた
  • 英国放送局で解説を務めた同氏はブラジル選手らのパフォーマンスを「無礼」だと非難

ブラジル監督も踊った韓国戦得点ダンスは「無礼」 ロイ・キーン氏が猛批判「相手を軽視している」

サッカーの元アイルランド代表MFロイ・キーン氏(51)が、ワールドカップ(W杯)カタール大会決勝トーナメント1回戦におけるブラジル代表のゴールパフォーマンスを批判したと複数の海外メディアが2022年12月5日に報じた。

ブラジルは日本時間6日早朝に行われた決勝トーナメント1回戦で韓国と対戦し4-1で快勝した。前半7分にFWビニシウス・ジュニオール(22)が先制ゴールを決めると、FWネイマール(30)のPKなど前半までに4ゴールを挙げ韓国を圧倒。後半31分に韓国にゴールを許したが、危なげなく準々決勝進出を決めた。

■「これほど多くのダンスを見たことがない」

キーン氏が問題視したのはブラジル選手らのゴール後のパフォーマンスだ。英メディア「デイリーメール」(WEB版)によると、英国放送局で解説を務めたキーン氏がブラジル選手らのパフォーマンスを「無礼」だと非難したという。

キーン氏は番組の中で「(ブラジルは)4つのゴールを挙げ、毎回ダンスをしている。最初のものはあまり気にしないが次に監督まで加わった。私はこれが気に入らないし、良いとは思わない」とし、「人々はそれが彼らの文化だと言うが、それは相手を本当に軽視していると思う」との見解を示した。

英国サッカー専門メディア「フットボール・ロンドン」(WEB版)は、「ロイ・キーンはワールドカップで『無礼』を働いたブラジルのスターを非難する」などのタイトルで記事を公開。キーン氏はハーフタイム中に「自分が見ているものが信じられない。これほど多くのダンスを見たことがない」などと驚きを持って語ったという。

このような海外メディアの報道を受け韓国メディアはキーン氏の発言を記事で取り上げた。

スポーツメディア「スポーツソウル」(WEB版)は、「『なぜ韓国無視して』... 監督まで『ダンスタイム』ブラジルにレジェンド『イライラ』」などのタイトルで特集記事を組んだ。記事ではブラジルFWリシャルリソン(25)が3点目を決めた際、チッチ監督に近付いてともにダンスを披露したと指摘した。

02年W杯日韓大会以来の優勝を目指すブラジルは、12月9日に行われる準々決勝で、日本に勝利したクロアチアと対戦する。

関連記事(外部サイト)

  • 7

    幼い子供の学芸会みたい。 対戦相手をリスペクトしない点で韓国にお似合いの相手。

  • 6

    いずれにしてもブラジル様には、韓国をやっつけて頂き感謝しています!オブリガード!!

  • 5

    英語が堪能ならキーン氏に以下を伝えたい。日本やキーン氏のアイルランドであればブラジルの得点ダンスを批判するのはアリかと思いますが、韓国にはその資格は無いと思います。競技は違えど野球のW杯とも言えるWBC大会で韓国は日本に勝った試合後のマウンド上で、韓国国旗を立てて喜ぶという侮辱とも言える行為を行いました。当然批判の声が上がりましたが韓国は「勝利を喜ぶ表現の仕方は国それぞれだ」と批判を一蹴しました。その後もこの「マウンド上に国旗を立てる」行為は何回か行われています。 日本は勝敗に関わらず相手に対して敬意を持ちます。アイルランドやおそらく他の多くの国もそうでしょう。だから必要以上の派手なパフォーマンスを嫌います。但し、こと対韓国に限っては我々から見れば侮辱に思う行為・表現でも、他国がとやかく言う必要は無いのではないでしょうか。韓国流なら「得点ダンス」もブラジル国の喜びの表現に過ぎませんから。

すべてのコメントを読む