ラグビーW杯へ日本代表選手選考も大詰め 先行大会のメンバー31人を発表

ラグビーW杯へ日本代表選手選考も大詰め 先行大会のメンバー31人を発表

ラグビーW杯へ日本代表選手選考も大詰め 先行大会のメンバー31人を発表の画像

日本ラグビーフットボール協会(JRFU)は2019年7月17日、同27日に開幕する「パシフィック・ネーションズ・カップ(PNC)2019」の日本代表メンバー31人を発表した。

同大会は「W杯2019日本大会」に先駆けて行われるもので、本番も同メンバーを主軸に戦っていくことになる。

初選出は3人、最多キャップは「お前、どこ小?」のSH田中史朗選手の「69」

今回、発表されたのは、FW18人、BK13人の計31人。初キャップ(代表初選出)は、PR(プロップ)の木津悠輔選手、LO(ロック)のジェームス・ムーア選手、FL(フランカー)のピーター・ラブスカフニ選手の3人となった。

逆に最多は、身長166センチとチームで最も小柄なSH(スクラムハーフ)の田中史朗選手(キャップ69)。今年で34歳となったベテラン田中選手は、より多くの人にラグビーを知ってもらおうと、情報番組やバラエティー番組等へも積極的に出演している。

今でこそ、口ひげを蓄えた面持ちだが、若いころは近所の小学生に「お前、どこ小(学校)?」と突っ込まれたこともあるという。また、生放送の情報番組では「気合を入れるために頭を丸める」と宣言。番組終わりには、丸坊主になって登場したこともあった。

さらに、試合前のロッカールームでは、緊張のあまり「オエッ、オエッ!」と嘔吐(えづ)くことがルーティーン。同じくルーティーンポーズで一躍、有名になった元代表の五郎丸歩選手は「(嘔吐きに)最初は何なの?って思ったけど、もう慣れました」と過去のインタビューで語っている。

「合宿で落選した選手にもチャンスは十分にあると思います」

代表合宿前、ジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)は「(いろんなポジションをこなせる)ユーティリティープレーヤーを重要視したい」という趣旨の発言をしていた。その言葉通り、FL、No.8(ナンバーエイト)で名を連ねた姫野和樹選手は、LOとして活躍した経験もある。またSO(スタンドオフ)、CTB(センター・スリークオーター・バックス)として選出された松田力也選手もそうだ。WTB(ウイング・スリークオーター・バックス)とFB(フルバック)で活躍する松島幸太朗選手は、CTBでもプレーできる。FBとして選ばれた山中亮平選手は、元々、SOの選手。ゴールキックにも定評がある。

ただ、ラグビーは他競技に比べ、ケガ人が出る可能性が高いスポーツ。JRFUによると、

「今回、選ばれた選手がW杯の主力になるとは思いますが、合宿で落選した選手にもチャンスは十分にあると思います」

日本代表は今後、

・7月27日=フィジー戦(岩手・釜石鵜住居復興スタジアム)
・8月3日=トンガ戦(大阪・東大阪市花園ラグビー場)
・8月10日=アメリカ戦(フィジー、スバ・ANZスタジアム)
・9月6日=南アフリカ代表(埼玉・熊谷ラグビー場)

の4戦を行った後、9月20日のW杯開幕戦(ロシア戦)を迎える。

(J-CASTニュース編集部 山田大介)