「ノーサイド・ゲーム」で注目の廣瀬俊朗さん 今も大学院に通う「勉強家」の横顔も

「ノーサイド・ゲーム」で注目の廣瀬俊朗さん 今も大学院に通う「勉強家」の横顔も

「ノーサイド・ゲーム」で注目の廣瀬俊朗さん 今も大学院に通う「勉強家」の横顔もの画像

「ラグビーW杯2019日本大会」開幕(9月20日)が目前と迫っている中、TBS系ドラマ「ノーサイド・ゲーム」が15日、最終回を迎えた。主演は俳優の大泉洋さんで、演じる役がラグビー部のGM(ゼネラルマネジャー)という作品だ。

最終回の視聴率は13.8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と、ドラマ不況といわれる最近としては高視聴率と言っていいだろう。

元日本代表選手はじめ経験者ズラリ...臨場感がハンパなかった

同ドラマには、多くのラグビー経験者が登場した。そのため、試合の「ガチ」感がハンパない...という声も、ツイッターをはじめとして見かけられる。またドラマなので、普通の生中継より「寄り」のアングルで撮影されていたことが、より迫力を増した。元ラガーマンである記者の周りでも、今までラグビーに馴染みのなかったような層から「ドラマを見て、本物の試合が見てみたいと思った」という声が多く聞かれる。

そんな中、異彩を放ったのが、元日本代表の廣瀬俊朗さんだろう。廣瀬さんは慶応義塾大―東芝、そして日本代表にも選出され、いずれのチームでも主将を務めたという経歴を持つ。大阪府吹田市出身で、役柄でもバリバリの関西弁をしゃべる役どころ。記者の知人女性などは「あの武骨な関西弁がカッコよくて、たまらない!」と絶賛している。

ラグビーを追いかけてきた記者も当然、取材したことがある。が、そんなある日...。J-CASTニュース編集部の最寄り駅付近を歩いていると、偶然にも廣瀬さんに出くわした。「あ、廣瀬さん!」、「あ、山田さん!」となり、数分だが立ち話をした。すると、

「実は今、大学院に通っていましてね」

ドラマの始まる6月末〜7月頭の時期だった。「忙しくないの?」と聞くと、

「忙しいですよ。ドラマって、拘束時間が長いんですよね。こんなに大変だとは...」

と笑った。少し話し「じゃあ、また!」とガッチリと握手。廣瀬さんは足早に駅へと向かって行った。

俳優、マンガ監修、書籍執筆...マルチな才能を発揮

大阪府吹田市出身の廣瀬さんは、地元の名門・北野高へと進学。北野高といえば、橋下徹元大阪市長を輩出するなど、地元でもトップの名門校として知られる。そこから慶大へは、指定校推薦で入学。「数学が好き」で、理工学部を選んだ。

そこにきて俳優業、大学院。また「女性自身」(光文社)で連載中のマンガ「ラガーにゃん」監修を担当、「ラグビー知的観戦のすすめ」(角川新書)を執筆するなど、活動の幅を大きく広げている。

「ザ・テレビジョン」(ウェブ版)の記事によれば、今後の俳優活動については「そんな甘い世界ではないと思うので」と謙遜する一方、ラグビーを子どもたちが始めやすい環境作りにも取り組んでいきたいと意欲を見せたとか。

ドラマのブレイクで一気にメジャーになった廣瀬さん、マルチな活躍はとどまるところを知らない。

(J-CASTニュース編集部 山田大介)