松島幸太朗3トライ!それ以上の収穫も 元日本代表・坂田正彰氏が見たロシア戦【ラグビーW杯】

松島幸太朗3トライ!それ以上の収穫も 元日本代表・坂田正彰氏が見たロシア戦【ラグビーW杯】

松島幸太朗3トライ!それ以上の収穫も 元日本代表・坂田正彰氏が見たロシア戦【ラグビーW杯】の画像

30−10。完勝と言うべきか、辛勝と言うべきか――。

2019年9月20日、アジアで初開催となる「ラグビーW杯2019日本大会」が東京都調布市・東京スタジアムで開幕した。観客は4万5745人。超満員の中で、日本代表はロシア代表と対戦。キックオフ早々から、キャッチングミスをするなど立ち上がりに不安を感じさせたが、日本は4トライを挙げてロシアをねじ伏せた。

中でも右WTB(ウイング・スリークォーター・バックス)で出場した松島幸太朗選手が3トライ。プールでの「勝ち点5」(勝ち=4点、4トライ以上=ボーナスポイント1点)を獲得した。

J-CASTニュースでは、元日本代表HO(フッカー)の坂田正彰さんに話を聞いた。

松島選手は「普段はシャイで、普通の20代の男の子って感じ」

サントリーのラグビー部GM(ゼネラルマネジャー)時代、松島選手を引っ張ったのが坂田さんだった。当時を振り返り、

「まぁ、獲得したとか、そんな話じゃなくて...。彼は桐蔭学園高(神奈川)から南アフリカのクラブチームアカデミーに入った。ただ、日本国籍ということもあり、本人が『日本でプレーしたい』という意向があったので、話をしてみようか...と」

松島選手は、父がジンバブエ人、母が日本人。南アフリカのプレトリアで生まれた。だが、出生後は母の母国である日本で育ち、サントリーラグビー部へ入部。その後、日本代表選手へと昇りつめた。

そんな松島選手について、坂田氏は、

「やっぱり身体能力、バネがすごい」

一方で、

「普段はシャイで、普通の20代の男の子って感じ」

ダイナミックなプレーとは裏腹に、普段は口下手で、お茶目な一面も見せるという。

4トライで勝ち点5「ボーナス1点が、デカい」

坂田さんは、

「(松島)幸太朗のハット(3トライ)って言いますけど、それは単なる結果。でも、W杯開幕戦で勝って、何より『ワンチーム』で、4つのトライを挙げて『勝ち点5』を挙げられたことが一番でしょうね」

次戦は9月28日(静岡県・エコパスタジアム)で、現在、世界ランキング1位のアイルランドが相手だ。

一筋縄ではいかない相手だが「ワンチーム」の結束力をもう1度、日本のファンの前に示してほしい。

(J-CASTニュース編集部 山田大介)