オールブラックスが続々トップリーグに「参戦」、日本ラグビー界に与える影響は?

オールブラックスが続々トップリーグに「参戦」、日本ラグビー界に与える影響は?

オールブラックスが続々トップリーグに「参戦」、日本ラグビー界に与える影響は?の画像

「ラグビーW杯2019日本大会」は、3位決定戦が2019年11月1日(東京スタジアム)で開催された。ニュージーランド(世界ランク3位)がウェールズ(同4位)を40−17で下し、今大会の3位に入った。

オールブラックス「No.8」リード主将はトヨタ自動車へ

2019年11月2日の決勝戦(横浜国際総合競技場)で開催されるイングランド(同1位)―南アフリカ(同2位)戦で幕を閉じる本大会だが、今後に向け、日本のトップリーグ(TL)への加入が、続々と決まっている。

3位決定戦で、試合前に味方を鼓舞する「ハカ」を仕切った、ニュージーランドのキーラン・リード主将(No.8)は、TLの名門であるトヨタ自動車に入ることが決まっている。「ジャッカル(タックルした相手からボールを放させないプレー)」で、一躍、有名となった姫野和樹選手と同僚になるということだ。

リード主将は、一部のメディアに対して、

「黒いジャージ(オールブラックス)は、人生の長い一部を占めていた。人生を占める大事なジャージだったということで、非常に楽しい時間だった。誇りに思う。このサポーターの皆さんの前でこんなプレーができて、オールブラックスの一員となれたことに感謝している。また(日本へ)戻ってくることを楽しみにしている」

と語っている。

また、LO(ロック=スクラムの第2列)で活躍した、ブロディ・レタリック選手は神戸製鋼に来シーズンから加入。身長204センチ、体重121キロ。とてつもない巨漢が、日本のラグビーファンを席巻するであろう。

さらに、ライアン・クロッティ選手(CTB=センター・スリークォーター・バックス)も、同じくTLのクボタでプレーすることが決まっている。

一番の問題は「コミュニケーション=言語」

世界のスーパースターが日本にやってくるわけだが、ここで問題となるのが「コミュニケーション能力」だ。例えば、野球の場合、捕手が外国人投手へ、ミットの陰から指でサインを出す。しかし、ラグビーの場合は、瞬時の判断によって、プレーを変えるケースも多い。このため「コミュニケーション=言語」が、重要となってくる。

実際、「2015イングランド大会」で大活躍を遂げた五郎丸歩選手(FB=フルバック)も、功績が認められて海外へと移籍した。プレー面では、海外選手を凌駕(りょうが)していたが、コミュニケーションの部分で手間取った...という話を耳にしている。

ともあれ、「W杯日本大会」が、盛り上がったことは、まぎれもない事実だ。海外のスーパースター選手が、さらなる日本ラグビーの「伝道者」となってくれることを、切に願う。

(J-CASTニュース編集部 山田大介)