千葉真子の「札幌ディス」に視聴者ウンザリ 五輪マラソンで「散々バカに」「悪い所だけを...」

千葉真子の「札幌ディス」に視聴者ウンザリ 五輪マラソンで「散々バカに」「悪い所だけを...」

千葉真子の「札幌ディス」に視聴者ウンザリ 五輪マラソンで「散々バカに」「悪い所だけを...」の画像

東京五輪のマラソン・競歩札幌開催が決定したことをうけ、陸上世界選手権銅メダリストの千葉真子氏は想定されるマラソンコースへの「懸念」をテレビ番組で連日表明している。

五輪では北海道マラソンのコースを踏襲する可能性があり、千葉氏はその北海道マラソンで3度優勝している。その経験から抱いた心配事をワイドショーなどで語っているわけだが、ネガティブな発言が多かったためか、ネット上では「マラソン札幌disりの先鋒」「散々札幌バカにしてる」などと手厳しい声もあがってしまった。

「応援が少なくなるんじゃないかという心配も」

千葉氏は、五輪マラソン・競歩の札幌開催が正式に発表された2019年11月1日に「ひるおび!」(TBS系)に出演。東京五輪のマラソンは男女同日開催になる可能性があるが、その想定コースについて、

「東京は観光名所をめぐるようなコースでしたけれども、北海道マラソンのコースだとすれば、ちょっと景観的にも単調な道が続くものですから、男女同時開催でちょっとカモフラージュしたい意図があるかもしれない」

と東京と札幌を比較して指摘した。

「単調」というのは主に十数キロ続く「新川通」を指しており、その後も同様の言葉を繰り返す。

「単調なんですよ。建物が何もないところで、直線が長いものだから、走っても走っても前に進んでいかないような。飽きちゃうんですよ。心が折れる区間です」

番組ではGoogleマップのストリートビューで新川通をたどった。その風景を見ながら千葉氏は、

「ないんです。何にもないんです。応援も、駅から3キロくらい離れていて、応援に行く人のアクセスも悪いので、応援が少なくなるんじゃないかという心配も私はしています」

と懸念を隠さない。共演者の冗談めかした「応援も走らないといけない?」という指摘にも「そうそう3キロ走っていかないとダメ」と応じた。

「私は、東京が良かったですね」

札幌開催の大きな理由はアスリートファーストの考えにもとづく「暑さ対策」だったが、この点についても同番組で、千葉氏は疑問符をつける。

「建物がないことで直射日光がまともに当たるんです。IOCは温度と湿度しか注目してなくて、日差しはプラス3度くらい体感気温を上げることにつながりますので、こういったところを検証されているのか」

「東京のほうが高いビルがあって日陰があるかもしれない?」と共演者に聞かれると、「うん」。さらに湿度についても「意外に湿度が高いんですよ、札幌って。朝は湿度が東京より高い日もあるくらい。湿度が高いとぶわーっと汗がふき出し、熱中症になりやすい要素でもあります」としており、温度・湿度両面で札幌開催を懸念した。

「千葉さん聞きますけど、(東京と札幌)どっちがよかったですか?」という問いには、

「私は、東京が良かったですね。陸上関係者は東京ですよ、みんな」

と即答。レース結果についても

「東京だと女子はメダルいけたと思いますけど、札幌だと黄色信号ですね。結果が大きく変わります」

としている。

同じ趣旨の発言は他の番組でもしている。6日放送「スッキリ」(日本テレビ系)出演時は「(新川通は)ひたすらまっすぐな道が続いて、走っても走っても前に進んでいかないような感覚になる。心が折れそうになる区間」「建物があまりないから、日差しを遮るものがなくて、プラス3度くらい、温度湿度に加えて暑さを感じる区間だと思う」。

5日放送の「バイキング」(フジテレビ系)でも「もし北海道マラソンのコースになると、日差しが強くてプラス3度くらい体感気温があがる。すると東京のビル影なんかを走ったほうが実は涼しかった、なんてことにもなりかねない」としていた。

「口を開けば札幌のコースは・・・ばっかり」

アスリートファーストの観点についても、4日放送の「ひるおび!」では、「暑さや上りに強い選手は東京が良かった。涼しいのが得意とか、フラットでスピードが出るコースが良いという選手は札幌でラッキー」とした上で「大会スケジュール発表後の変更は不公平を生んでしまうのでアスリートファーストといえない部分もある」と指摘した。

北海道マラソンの経験にもとづいて、ランナーの当事者目線から純粋に心配な点を指摘したわけだが、「飽きちゃう」「心が折れる」「東京が良かった」など、札幌(北海道マラソン)のコースにネガティブな見解をしきりに出す様子は、視聴者にとって快くはなかったようだ。ツイッターでは「千葉ちゃん正直解説支持します」といった声も一部あるが、多くは

「マラソン札幌disりの先鋒 千葉真子」
「今日もか、千葉真子 バイキング 何か印象変わったな。散々札幌バカにしてるもん」
「千葉真子はもう話さないでほしい。口を開けば 札幌のコースは・・・ ばっかり。決まったんだから、アスリート目線で このルートが良いんじゃないって 言えないかな?」
「新川通りはと悪い所だけを全国に向けて発言していた。あの発言は3回も優勝した千葉真子は北海道マラソン関係者に言えばいい事ではないんだろうか?わざわざキー局で言う事ではない」

などと眉をひそめている。

とはいえ、千葉氏は札幌のコースのメリットにも触れている。前出4日の「ひるおび」では、「札幌も涼しいとはいえ、選手は今までの暑さ対策も生かせる。女子の2人(=前田穂南と鈴木亜由子)は北海道マラソンで優勝の実績があり、大きなアドバンテージになる」と指摘した。