「春のセンバツ」休校要請でどうなる 野球以外の高校選抜大会は次々中止へ

安倍晋三首相が小中高校や特別支援学校の休校要請 「春のセンバツ」開催に注目集まる

記事まとめ

  • 新型コロナウイルスの感染拡大で、選抜高校野球大会が開催されるか否かに注目が集まる
  • 安倍晋三首相は、小中高校や特別支援学校を3月2日から臨時休校するよう要請すると表明
  • ボクシング、自転車、空手、なぎなた、少林寺拳法などの大会の中止が決定している

「春のセンバツ」休校要請でどうなる 野球以外の高校選抜大会は次々中止へ

「春のセンバツ」休校要請でどうなる 野球以外の高校選抜大会は次々中止へ

「春のセンバツ」休校要請でどうなる 野球以外の高校選抜大会は次々中止への画像

新型コロナウイルスの感染拡大により第92回選抜高校野球大会の開催が危ぶまれている。安倍晋三首相は2020年2月27日、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために、3月2日から春休みが明けるまで全国の小中高校や特別支援学校を臨時休校するよう要請することを表明。野球以外の全国高校選抜大会は次々と中止となっており、野球の選抜大会が開催するか否かに注目が集まる。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月に開催を予定していた全国高校選抜大会が次々と中止に追いやられている。日本ボクシング連盟は2月26日、石川県津幡町で3月末から行われる予定だった全国高校選抜大会を中止すると発表した。

ボクシング以外の競技では、熊本県で開催が予定されていた自転車の全国高校選抜大会のロードレースが中止となり、空手、なぎなた、少林寺拳法などの大会の中止が決定している。この他の競技でも3月中に行われる全国レベルの大会の中止が検討されており、その数は今後、増えていくと見込まれる。

4日の運営委員会で方向性を決定

野球の選抜大会は32校が出場を予定しており、3月13日に抽選会が行われ組み合わせが決まる。大会は19日に甲子園球場で開幕を迎えるが、休校中の球児の練習環境などの問題も浮上する。日本高野連はこの日までに大会の開催について明確な方向性を打ち出しておらず、4日に行われる運営委員会で他競技の動きを参考にして具体的な策を打ち出す方針だ。

プロスポーツではプロ野球が2月29日から3月15日までのオープン戦全72試合を無観客試合にすることを決め、サッカーのJリーグは2月26日から3月15日までの計94試合を延期することを決めた。この他にもラグビーやボクシングのイベントが延期、中止となっており、3月8日に初日を迎える大相撲大阪場所も無観客開催の可能性が出てきた。

安倍首相が臨時休校の方針を打ち出す以前に、すでに高校選抜大会の中止が相次ぎ、プロスポーツでも続々とイベントの延期、中止が決定している。高校野球は全国的な人気を誇り、世間の関心が高いだけに4日に行われる運営委員会の決断に注目される。