原監督の積極采配に「なぜ吉川に代打」 10安打12残塁、空回りで悔しい2連敗

原監督の積極采配に「なぜ吉川に代打」 10安打12残塁、空回りで悔しい2連敗

原監督の積極采配に「なぜ吉川に代打」 10安打12残塁、空回りで悔しい2連敗の画像

プロ野球の巨人は2020年7月30日、東京ドームでDeNAと対戦し2−4で敗れた。

先発C.C.メルセデス投手(26)が6回まで無失点の好投を見せるも7回2死から2失点。打線は6回に吉川尚輝内野手(25)の内野安打で先制するも8回の好機に得点出来なかった。原辰徳監督(62)は積極的な采配を振るったが結果が伴わず2連敗。チームは5カードぶりに負け越し、2位ヤクルトに2.5ゲーム差に迫られた。

メルセデスは「鬼門」7回クリアできず

投手戦の均衡を破ったのは巨人だった。6回2死からヘラルド・パーラ外野手(33)が3塁打を放ち先制のチャンスを演出した。続く8番・吉川の打球はセカンドゴロに。センターに抜けそうな打球をDeNAのセカンド柴田竜拓(26)がキャッチし1塁に送球。吉川は気迫のヘッドスライディングで判定はセーフ。アレックス・ラミレス監督(45)がリクエストを要求するも判定は覆らず巨人が先制した。

1点をもらったメルセデスは「鬼門」の7回に崩れた。簡単に2死を取るも、ホセ・ロペス内野手(36)にヒットを許し続く宮崎敏郎内野手(31)を四球で歩かせた。2死1、2塁のピンチを招き、嶺井博希捕手(29)、倉本寿彦内野手(29)に連続タイムリーを浴び2点を失った。メルセデスは昨シーズンから6回以降に打ち込まれるケースが多く、この日も「7回」をクリアすることが出来なかった。

1点ビハインドの8回、巨人に逆転のチャンスが訪れた。マウンドにはDeNA4番手スペンサー・パットン投手(32)が上がり、打席にはゼラス・ウィーラー外野手(33)が入った。先頭打者のウィーラーが内野安打で出塁すると、巨人ベンチは代走に増田大輝内野手(27)を送った。DeNAベンチもすかさず動き、パットンに代えて石田健大投手(27)をマウンドに。1点をかけて両ベンチが積極的に動いた。

8回に最大のチャンス訪れるも...

巨人は同点の走者を1塁に置き、パーラが石田の初球をライト前に運び無死1、3塁とした。逆転の走者を出しG党の期待が高まるなか、原監督は吉川の代打に中島宏之内野手(38)を送った。一打同点の場面で打席に入った中島は2−2から石田の128キロのチェンジアップについていけず空振り三振。1死1、3塁となり、ベンチは重盗を仕掛けるも失敗し、最大のチャンスを生かし切れずこの回、無得点に終わった。

この日の巨人はあと1点が遠かった。原監督は今シーズン、早め早めの積極采配を振るい選手もこれに応えてきたがこの日は8回の采配が裏目に出た。なかでも無死1、3塁の場面で吉川に代えて中島を打席に送ったことに対してネット上ではG党から「なぜ吉川に代打」と采配を疑問視する声が上がっている。6回に気迫のヘッドスライディングで先制点を導いた吉川だけにG党の不満が噴出したのだろう。

この日は10安打を放ちながらも12残塁で2得点に終わった。5カードぶりに負け越し、2位ヤクルトには2.5ゲーム差に詰め寄られている。7月31日の広島戦には出遅れていた畠世周投手(26)が今シーズン初の先発のマウンドに上がる。対する広島の先発は期待の新人・森下暢仁投手(22)が今シーズン5度目の先発マウンドに上がる。