「バレたからクビ」の声さえ...ベガルタ仙台、道渕諒平「暴力問題」対応の不審点 「重い処分」のはずが出場続行、渦中にクラファンも

J1・ベガルタ仙台のMF道渕諒平が傷害容疑で逮捕と報道 仙台は道渕との契約解除発表

記事まとめ

  • J1・ベガルタ仙台のMF道渕諒平が傷害容疑で逮捕されていたことを「FLASH」が報じた
  • その数時間後、同日午前に仙台は道渕との契約解除を発表、クラブの対応には不審な点も
  • 道渕はヴァンフォーレ甲府に在籍したた17年にも、女性への暴力により暴行容疑で逮捕

「バレたからクビ」の声さえ...ベガルタ仙台、道渕諒平「暴力問題」対応の不審点 「重い処分」のはずが出場続行、渦中にクラファンも

「バレたからクビ」の声さえ...ベガルタ仙台、道渕諒平「暴力問題」対応の不審点 「重い処分」のはずが出場続行、渦中にクラファンも

「バレたからクビ」の声さえ...ベガルタ仙台、道渕諒平「暴力問題」対応の不審点 「重い処分」のはずが出場続行、渦中にクラファンもの画像

Jリーガーの蛮行に衝撃が走った。サッカーJ1・ベガルタ仙台のMF道渕諒平(26)が交際女性にDV(家庭内暴力)をはたらき、傷害容疑で逮捕されていたことを2020年10月20日未明、週刊誌「FLASH」が報じた。その数時間後、同日午前に仙台は道渕との契約解除を発表。だが、クラブの対応には不審な点がいくつかある。

報道によると逮捕されたのは9月7日。多くのファン・サポーターがまず抱く疑問は、今回の報道と発表までにあったこの「空白の1か月」の対応だ。また、9月下旬には経営難のためクラウドファンディングで支援を集め始めたが、ここでも道渕の問題に関する言及がなかったため、不信感を募らせるサポーターの声が相次いでいる。

直近の試合まで7戦連続で出場

FLASHによると、道渕は交際していた女性タレントに数々のDVをはたらいていた。日常的な暴言、女性の体に多くのあざが残るほどの暴力をし、女性は首を絞められたり山の中に置き去りにされたりしたことも。ビデオ通話時には、道渕が自らに包丁を突きつけ、脅すような言葉で女性を罵るなどしたという。

仙台は報道から数時間後の20日午前、道渕との契約解除を発表。「本日発売の週刊誌におきまして、当クラブに所属する道渕諒平選手に関わる記事が掲載されておりました。当クラブが認知していなかった事実など、クラブの秩序、風紀を著しく乱す内容が含まれていたことから、同選手に事実関係を確認した上で、10月20日付けで契約解除を決定いたしました」とした。

発表によると、仙台は記事通りの「女性とのトラブル」を8月14日に認識。道渕に事情聴取し、顧問弁護士に相談すると、「当人同士で解決することが望ましい」との助言を受けた。道渕は代理人弁護士を立てて女性と話し合い、「双方合意の上で解決した」との報告を9月5日に受けたという。

その後、道渕から「二度と同様の行為をしないとの誓約書」を取り、「重い処分を科した上で活動を継続」させてきた。非公表としてきたのは、「両名のプライバシーに関わり、また双方の要望がある」なかでの判断だったとしている。

判然としないのはまず、報道が事実であれば9月7日に逮捕されながら、事実を公表してこなかったこと。それどころか道渕は、9月20日の17節・FC東京戦から直近10月18日の23節・浦和レッズ戦まで、7戦連続で試合に出場している(うち19〜23節は先発)。

発表のとおり「両名のプライバシーに関わり、また双方の要望がある」ため非公表としていたのであれば、FLASHの報道直後に処分を発表したことが腑に落ちない。インターネット上では「隠蔽がバレたのでクビにしまーす。的な感じだよね」「前節まで普通に出てたのにバレたから事後報告で解雇してるフロントが正直1番やばいと思う」などと不信感を募らせる声が数多い。

「当クラブが認知していなかった事実」とは何なのか

「重い処分」も定かでない。仙台の主力として活躍する道渕だが、8月15日の第10節・清水エスパルス戦に途中出場したのを最後に、8月23日の12節から9月13日の16節まで5戦連続でベンチ外。ちょうどクラブが問題を把握し、「解決」に至るまでの時期と重なるが、上記のとおり9月20日からはチームに復帰している。ネット上では「『重い処分を科した』とは何だったの? 普通に試合出てたし...」といった声もあり、どのような判断でチームに復帰させたのか疑問が残る。

気になるのは、仙台の発表でFLASHの報道について「当クラブが認知していなかった事実」があったとしていることだ。先述した道渕の処分をめぐる経緯説明の中には、報道された「逮捕」に関する言及が一切ない。あくまで「女性とのトラブル」としているわけだが、クラブが逮捕の事実を把握していたならば、報道内容に鑑みても「トラブル」程度で済む話ではない。

道渕はヴァンフォーレ甲府に在籍していた17年7月にも、女性への暴力により暴行容疑で逮捕されている。同年8月に不起訴処分となったことを受け、甲府は当時、道渕の同シーズン公式戦出場停止、3か月の減俸20%、社会貢献活動の実施などを発表していた。過去にも女性への暴力問題を起こしていたわけだが、それから今回の報道までの間にも、ネット上では気になる情報が錯綜していた。

掲示板では昨年末から「目撃証言」が

19年12月12日未明、ネット掲示板5ちゃんねるでは「昨日仙台駅で泣き叫ぶ女性ひきづって通行人に通報されてたの道渕だった。その後警察が来てたけど大丈夫か」(原文ママ)という書き込みがあった。同じIDで「帽子被ってたけど道渕だった。他にも気づいてる人居たから間違いないよ。仙台駅人いたからよくあんな行動できたなって思う」ともある。「人違いだろうな」と否定する声はあったが、別のIDのユーザーから「あれやっぱり道渕か」「腕掴まれて泣いて、道渕は女の子に叫んでたよ。あんなに派手に駅でやってりゃそりゃ通報されるわ」「今日の見てた人いるのね 仙台駅激オコ道渕」との書き込みもあった。

前出FLASHの記事によると、女性と交際が始まったのは19年5月。また「仙台駅で、泣き叫ぶH美ちゃん(編注:被害を受けた交際女性)を、道渕が車に引きずり込むのを見かけたことがあった」という関係者談も掲載されている。これらの真偽や関係性は定かでないが、もし書き込みが事実であれば、クラブが処分したり更生させたりする機会が19年末の時点であったともいえる。

仙台は新型コロナウイルス禍で業績が低迷し、見込みどおりであれば3億800万円の債務超過になるとして、クラウドファンディング(CF)でサポーターから金銭の支援も募っている。募集開始したのは9月26日。道渕の問題が「解決」した後に始めたわけだが、少なくともCF募集ページには道渕の問題に関して一切の言及がない。

サポーターから直接お金を集めるという取り組みに際し、所属選手の問題を公表してこなかったことで、「懐からお金出してくれたサポーター、スポンサーをなんだと思っているんだ本当に」「クラファンに影響が出るから道渕のやつを隠蔽したのは色々と舐めすぎ」「公表してなかったベガルタ仙台は、クラファンの呼びかけしてた時期と被るし、隠蔽したと言われても仕方がない」という思いを強くするサポーターもネット上では少なくない。CFは21年1月16日までの実施を予定している。