異例の「2020ドラフト」 佐藤輝明、早川隆久に指名集中予想も...注目すべきポイントは?

「2020年ドラフト会議」の注目ポイント 近大の佐藤輝明内野手などに指名集中か

記事まとめ

  • 新型コロナウイルスの影響でアマチュア野球の大会が中止となり、アピールの場が激減
  • 大学生のドラ1候補で注目されるのは近大の佐藤輝明内野手と早大の早川隆久投手
  • 独自のドラフト戦略で知られる日ハムは苫小牧駒大の伊藤大海を1位指名することを公表

異例の「2020ドラフト」 佐藤輝明、早川隆久に指名集中予想も...注目すべきポイントは?

異例の「2020ドラフト」 佐藤輝明、早川隆久に指名集中予想も...注目すべきポイントは?

異例の「2020ドラフト」 佐藤輝明、早川隆久に指名集中予想も...注目すべきポイントは?の画像

プロ野球の2020年ドラフト会議が10月26日に行われる。今年は新型コロナウイルスの影響でアマチュア野球の大会が軒並み中止となり、プロを目指す選手らのアピールの場が激減した。例年に比べて選手の情報が少なく、各球団のスカウト陣の手腕が問われる。

過去に例を見ない状況のなかでのドラフト会議となるが、今年はサプライズが起こるのか。セ・パ12球団の1位指名はいかに...。

佐藤はオリックス、巨人、阪神、ソフトバンク...

大学生のドラ1候補で注目されるは、佐藤輝明内野手(近大)と早川隆久投手(早大)だ。佐藤に関してはすでにオリックスが1位指名を公表している。巨人は実名こそ挙げていないものの佐藤を1位指名するとみられ、地元・阪神も1位指名が濃厚だ。これにソフトバンク、西武が続く可能性があり、DeNA、広島も佐藤をリストアップしている。複数球団による競合は必至で、今年最大の目玉となりそうだ。

一方の早川も1位指名の競合が予想される。即戦力としての期待値が高く、千葉出身ということもあり地元球団のロッテが1位での指名を公表している。ロッテの他には、投手陣の補強が急務となるヤクルトが1位で指名する可能性が高く、DeNA、広島、楽天が手を上げる可能性も。佐藤同様に複数球団から指名されることが濃厚で、今年の1位指名は佐藤と早川に集中しそうな状況にある。

高校生のドラ1候補は、154キロ右腕・高橋宏斗投手(中京大中京)だ。今年の高校生投手においてスカウトの評価が最も高いとされる逸材で、当初は大学進学を希望していたが志望校に合格出来なかったためプロ入りを決断。地元球団の中日の1位指名が確実視されており、この他には広島、楽天もリストアップしている模様だ。高橋は12球団OKの姿勢を見せている。

今年もブレない日ハムのドラフト戦略

社会人では栗林良吏投手(トヨタ自動車)がドラ1候補として注目される。栗林は2年前の2018年ドラフトで上位指名が予想されたが指名から漏れトヨタ自動車入り。社会人野球で経験を積み投球の幅が広がった右腕は即戦力として期待されている。広島、DeNA、ヤクルトが候補に挙がるなか、早川の競合を避けた球団が栗林を1位で指名する可能性もあるだろう。

独自のドラフト戦略で知られる日ハムは、その姿勢にブレがない。今年は地元北海道出身の本格派右腕・伊藤大海投手(苫小牧駒大)を1位指名することを公表している。伊藤は駒大苫小牧高で春の選抜に出場し駒大に進学するも1年で中退。その後、苫小牧駒大に入学し直し、大学日本代表に選出された。MAX156キロを誇る地元期待の投手を日ハムが一本釣りしそうだ。

上記の他にドラ1候補として注目されるのは、大学生では牧秀悟、五十幡亮汰の中大コンビと木澤尚文投手(慶大)だ。また、高校生では山下舜平大投手(福岡大大濠)、中森俊介投手(明石商)の評価が高く、上位指名が予想される。

今年のドラフトは佐藤と早川に人気が集中しそうだが、何が起こるか分からないのがドラフト。今年はどのようなドラマが待っているだろうか。