女子70キロ級の大野は銀=世界柔道

 柔道の世界選手権第5日は10日、ブダペストで男女各1階級が行われ、女子70キロ級の大野陽子(コマツ)が銀メダルを獲得した。4試合を勝ち上がって臨んだ決勝で、バルバラ・マティッチ(クロアチア)に技ありを取られて敗れた。31歳の大野は、2018年大会の銅に続くメダル。 

 男子90キロ級で18年大会銅の長沢憲大(パーク24)は5位。ニコロズ・シェラザジシビリ(スペイン)に準決勝で一本負けし、3位決定戦も敗れた。村尾三四郎(東海大)は2回戦敗退。シェラザジシビリが18年大会に続く2度目の優勝を遂げた。(時事)【時事通信社】

×