モスクワ検査所の認可取り消し=WADA

 世界反ドーピング機関(WADA)は9日、国際基準を満たしていないことを理由に、モスクワ検査所の認可を取り消したと発表した。

 WADAはロシアの組織的なドーピング問題に絡み、同検査所に保管されたデータについて、大規模な改ざんがあったと認定。昨年1月に暫定的な資格停止処分を科していた。(時事)【時事通信社】