真鍋氏の女子監督復帰決定=男子はブラン氏昇格―バレーボール

真鍋氏の女子監督復帰決定=男子はブラン氏昇格―バレーボール

真鍋政義 バレーボール全日本女子次期監督

 日本バレーボール協会は14日、東京都内で理事会を開き、全日本女子の新監督に2012年ロンドン五輪で銅メダルに導いた真鍋政義氏(58)が就任することを承認した。16年以来の復帰となる。男子は東京五輪で29年ぶりの8強入りにコーチとして貢献したフランス出身のフィリップ・ブラン氏(61)が昇格する。

 現役時代にセッターだった真鍋氏は1988年ソウル五輪に出場。09年に女子代表監督に就き、10年世界選手権3位などの実績を残した。4強入りを逃したリオ五輪後に退任した後は、Vリーグ1部の姫路でオーナーなどを務めた。

 ブラン氏はフランス代表を指揮した経験がある。両監督の任期について日本協会の嶋岡健治会長は「24年のパリ五輪を目指すことが一番のミッション。基本的にはパリ五輪まで任せたい」と話した。

 強化委員長には男子が南部正司氏、女子は中村貴司氏が就任した。(了)

【時事通信社】