第三者委員会を設置=診断書偽造問題で―ビーチバレー

 日本バレーボール協会は14日、ビーチバレー国際大会でのキャンセル手続きの際に担当者が選手の診断書を偽造した問題で、外部の第三者委員会を立ち上げて調査すると発表した。調査結果を基に処分内容を決めるとしている。

 日本協会の嶋岡健治会長は「私の責任は当然ある。全部あからさまに出した上で、判断には従う」と話した。(了)【時事通信社】