昭和の大横綱・九重親方、相撲協会内で不遇 晩年は閑職に追いやられ干される?

記事まとめ

  • 九重親方がすい臓がんで亡くなったが、引退後の処遇は恵まれているとは言えなかった
  • 「部屋の師匠としては順調だったが協会内では不遇で、晩年は閑職に」と担当記者は語る
  • 理由は小派閥所属だったこと、大横綱の気分が抜けず煙たがられていたと関係者はいう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております