プロレス解体新書 ROUND53 〈今も輝く珠玉の名勝負〉 “タイガーvs爆弾小僧”黄金対決

 初代タイガーマスクのデビュー戦で対戦して以降、幾多の名勝負を繰り広げた好敵手のダイナマイト・キッド。対戦成績ではタイガーの圧勝ながら、カミソリのように研ぎ澄まされたキッドの闘い模様と佇まいは、今なおプロレスファンの胸に刻み込まれている。

 初代タイガーが新日本プロレスに在籍した2年4カ月のシングルマッチ戦績は155勝1敗9分。その唯一の敗戦もキッド戦でのフェンスアウト(当時は場外鉄柵の外に相手を出すと即敗戦のルール)で、フォールやギブアップでの負けは1度もない。
 厳密に言えば、メキシコ遠征時、3本勝負のうちの1本を奪われたことが3試合あるものの(相手はビジャノ3号、ペロ・アグアヨ、フィッシュマン)、いずれも最後はタイガーの勝利に終わっている。
 「タッグマッチまで広げても確認できる敗戦記録は10試合程度で、それも全部パートナーがやられたものです」(プロレスライター)
 シングル唯一の黒星をつけたキッドも、トータルでは6勝1敗1分とタイガーが大きく勝ち越し。ライバルとされた選手との対戦でも、ブラック・タイガーとは4勝5分。小林邦昭には7戦全勝と、やはり圧倒している。

 ちなみに、他のライバル関係といわれる顔合わせでは、アントニオ猪木とタイガー・ジェット・シンは猪木の23勝7敗7分だが、完全決着勝利は9試合のみ。2度のフォール負けも喫している。ジャイアント馬場とアブドーラ・ザ・ブッチャーも30戦以上闘って、半分近くが引き分けとなっている。
 「プロレスの常識からすれば、ライバル関係とは勝ったり負けたりしながら、つくられていくもの。そうでなければ観客の興味が続かないですからね。しかし、初代タイガーに限っては、勝ちっぱなしでいながらライバル関係を構築し、ファンからも高い支持を得ていた。それほどまでにセンスが飛び抜けていたということでしょう」(同)

 もちろん、これはタイガーだけの功績ではなく、相手もあってのことだ。
 「やはり1番はキッドでしょう。ブラック・タイガーは両者リングアウトで次に興味をつないでいたし、小林もマスク剥ぎの反則アングルがあった。しかし、キッドは常に真っ向勝負、試合内容だけでファンを魅了したわけですから」(同)

 1979年7月、国際プロレスへ初来日を果たしたキッドは、当時、スター候補とされた阿修羅・原と抗争を展開するも、カナダ・カルガリーで藤波辰爾(当時は辰巳)と闘ったのをきっかけに、新日のリングへ闘いの舞台を移す。
 しかし、'80年の新日初参戦から1年後、藤波のジュニアタイトルに挑戦した試合では、当時、すでに藤波がヘビー級転向を見据えて肉体改造中だったこともあり、パワーの差を見せつけられてアルゼンチン・バックブリーカーに敗れる。
 さらに、その敗戦から2週間後に、キッドはタイガーのデビュー戦の相手を務めることとなる。
 「短期間のうちに藤波とタイガー、それぞれの踏み台にされてしまったわけで、並のレスラーならこれでお払い箱となっても不思議はない。そうならなかったのは、ひとえにキッドの実力とファンの支持があったからこそです」(同)

 古舘伊知郎が“肉体の表面張力の限界”と表現したパンパンの筋肉から繰り出される、スピーディーかつパワフルな攻撃の数々。
 「高速ブレーンバスター、トップロープからのスープレックスやドロップキック、相手を寝かせて離れたコーナーポストから放つダイビング・ヘッドバットなどは、いずれもキッドが元祖ではなかったか。攻めだけでなく受けに回っても、相手の技を最大限に活かす過剰なほどに激しい受け身を見せる。キッドの功績はタイガー本人も認めるところで、そんなキッドのスタイルに憧れてレスラーを志した選手が多数います」(同)

 タイガーとキッド、2人の才能の化学反応が以後のプロレスを一変させたとも言えようか。そんな両者の対戦は、いずれ劣らぬ名勝負ぞろい。中でも'82年1月28日の新春黄金シリーズにおける一戦は、両者のその後の闘い模様を決定付けるターニングポイントとなった。
 '81年4月のデビュー戦で勝利を飾ったタイガーは、翌年1月1日、同じキッドを相手に迎えたWWFジュニアヘビー級王座決定戦に回転エビ固めで勝利。その同月28日、やはりキッドを相手に初防衛戦が行われる。
 試合開始から激しく攻守が入れ替わり、両者スープレックスの応酬。コーナーからのダイビングヘッドバットとボディーアタックはともに自爆となるも、キッドを場外に落としたところでタイガーのプランチャーが炸裂する。
 最後はバックの取り合いを制したタイガーのジャーマン・スープレックスが決まり、タイトル初防衛となった。

 「この試合を見ていたWWF(現WWE)首脳は、MSG(マジソン・スクエア・ガーデン)のリングでの同一カード実施を即決。8月30日の試合では、当初、タイガーを色もの扱いしたニューヨークのファンからブーイングが飛んだものの、試合が進むにつれて徐々に会場がザワつき始め、フィニッシュでは満場のスタンディングオベーションとなりました」(同)
 両者の試合は本場ファンのハートも、ガッチリつかんだのであった。

関連記事(外部サイト)