丸、炭谷、岩隈、中島…原巨人50億円金満補強の断末魔

新生巨人が12月6日、前シアトルマリナーズの岩隈久志投手(37)の獲得を発表した。丸佳浩、炭谷銀仁朗のFA補強には「またいつもの金満補強か」と聞き流していたが、「まさか岩隈まで…」と驚いたファンも多かったはず。補強はそれだけにとどまらず、オリックスを自由契約となった中島裕之、昨季メジャーで20HRを放った外国人選手・ビヤヌエバにも及んだ。どうやら、巨人は「最後の賭け」に出たようである。

 「確かに先発投手は巨人のウイークポイントでした。でも、人材がいないわけではありません。日米野球で存在感を示した若手の高田萌生、大江竜聖を実戦の中で育てていくと思ったのですが」(ベテラン記者)

 中島、ビヤヌエバなど一部の選手には、契約金も発生した。この補強だけでも驚くに十分だったが、山口寿一オーナーは「まだ補強は終わっていない」と明言している。今オフの補強費は50億円を超えたそうだ。

 「5年連続のV逸となれば、球団史上ワーストとなります。これによる読売グループ全体のダメージを考えているようです」(同)

 こうした未曾有の大補強劇を指揮しているのが、原辰徳監督(60)だ。

 原監督はゼネラルマネジャー制を嫌っている。過去の政権でもその職に就いたフロント幹部と衝突しており、今回の監督復帰を引き受ける交換条件として、チーム編成の全権掌握を突きつけたという。

 「前任の高橋由伸監督が去り、巨人は長嶋茂雄氏にも相談しています。長嶋氏は原監督を信頼しているのを分かっていたので、GM制撤廃の流れも自然とできていきました」(球界関係者)

 ただ、原監督の帰還に異を唱えたかったのが、読売グループのドン・渡辺恒雄氏。1カ月ほど前、死亡説がネットで流れて激震に見舞われた。これはデマだったことがすぐに判明したが、その渡辺氏が導入に深く関わったFA制によって、原巨人が戦力を拡大しているのは皮肉と言うほかない。

★怒る広島との開幕戦次第で
「読売グループの判断では、『勝てる監督はほかにいない』ということ。中畑清、江川卓、桑田真澄3氏では厳しく、松井秀喜氏は首を縦に振らないため、3度目の登板となりました。その原氏がGM制を否定するのなら、従うしかない」(同)

 だが、その大型補強の実働隊はフロントスタッフだ。来季も敗戦した場合、誰が責任を取るのか。代役のいない原監督に責任を負わせられないとなれば、編成・渉外担当のフロントが負う。来季、V逸はもちろん、開幕ダッシュに失敗した時こそ巨人は窮地に陥る。
「開幕の対戦チームは広島です。2年連続で大きく負け越しており、丸を引き抜いた今でも劣勢でしょう」(スポーツ紙記者)

 その丸が「巨人病」に陥りつつあるという。過去、他球団の4番打者を何人も引き抜いてきたが、伝統球団の重圧と注目度の高さに潰されてきた。
「広島ファンの丸に対する怒りはハンパない。広島時代のレプリカユニホームや関連グッズのネット上での叩き売りが始まり、定価割れしたものもある。丸のユニホームは『赤い雑巾』状態」(地元メディア陣の1人)

 巨人のユニホームを着た丸は、大ブーイングの中、「移籍第1打席」に立つが、冷静な精神状態でバットを振れるはずがない。

 丸は日本シリーズで25打数3安打。苦手の落ちるボールで徹底的に攻め込まれた。広島バッテリーも手ぐすね引いて待っている。
「長嶋氏が監督だった時代もFA補強を重ねましたが、他球団の4番打者が加わっても、メンツを潰さない起用法に徹してきました。原監督にそれができるか…」(前出・ベテラン記者)

 入団交渉では、中島に対して「(自分との)相性がいい」と話していた原監督。炭谷との接点はないが、侍ジャパンで一緒に戦ったメンバーが巨人にいた。ビヤヌエバはパドレスで4番を打ったこともあるが、「外角のスライダーが苦手」(メジャー担当記者)との情報を得た。丸に対しては「広島でやってきたものを巨人で…」と口説いたという。

 彼らには実績と自負がある。しかし、巨人ナインが受け入れるかどうかは、原監督への信頼とは別問題だ。
「岩隈はマリナーズからコーチ就任の打診がありましたが、現役にこだわり、自由契約を選択しました。毎年オフ、楽天の施設で練習していたので、巨人入りは不自然です。チームメイトだったイチローが岩隈のことを認めていて、『イチローからアドバイスがあったのでは』とも言われています」(前出・球界関係者)

 原政権の後ろ楯となる長嶋、渡辺両氏は高齢のため、健康状態が優れない。昨今、読売系列のメディアが長嶋氏の一時退院など前向きな情報を伝えているが、これも「健在」をアピールすることで第三次原政権の強靱さを伝えているのかもしれない。

「渡辺氏が球界に強い影響力を持っているのは確かです。ロッテ買収が噂された前澤友作氏の周辺から『ナベツネさんに先に話をすべきだった』との声も出ているようです」(同)

 影響力の大きい2人の容体に何かあれば、球界の盟主から断末魔の叫びが聞こえてくる?

関連記事(外部サイト)