新春ビッグ対談 王貞治×柴田勲,312;「大補強の原巨人を語ろう」

新春ビッグ対談 王貞治×柴田勲,312;「大補強の原巨人を語ろう」

(提供:週刊実話)

今季、ペナントレースを2位で終えながら、クライマックスシリーズで強力打線を誇る西武を圧倒。日本シリーズでも4勝1敗1分で日本一連覇を達成したソフトバンクホークスの王貞治会長を本誌評論家の柴田勲氏が直撃!

柴田勲(以下、柴田) まずはソフトバンクホークスの日本一連覇、おめでとうございます。

王貞治会長(以下、王会長) いや、ありがとう。結果として、日本シリーズではソフトバンクが4勝1敗1分と圧倒し、広島を下したんだけど、大差の試合はなかったし、セ・パ両リーグの頂上決戦に相応しい実力の高さを感じたね。

柴田 少し、日本シリーズを振り返ってもらえますか。見事な“下剋上”で日本一、福岡のファンを大いに喜ばせました。工藤公康監督も2年連続日本一。就任4年で3度目の胴上げでしたが、見事な采配でしたね。

王会長 そうだね。よく勉強したり、研究をしている監督だ。今後も“王国づくり”のために頑張ってほしいね。

柴田 日本シリーズではっきり明暗が分かれたのは、リリーフ投手陣の層の厚さだったように感じられましたが…。

王会長 確かに、リリーフ陣が粘り強く抑えているうちに、試合を決めるというパターンが多かった。武田翔太をはじめ、石川柊太、大竹耕太郎らを“第2先発”として待機させ、リリーフ陣の加治屋蓮、森唯斗といった本職のリリーフ投手も完璧だった。打線は必ずしも本来の力を発揮できたとは言えないけど、確かにリリーフ陣の粘り強さが勝利を呼び込んだと思う。

柴田 広島にとって痛かったのは、足を封じられたことでしょう。シーズン中に何度もしてきたように、盗塁が成功すれば勢いが付くけど、逆に失敗すれば自軍の勢いを殺してしまいかねない諸刃の剣。ソフトバンクに傾きつつあった流れを何とか取り戻そうとしたと思いますが、最後は少しムキになっていたようにも見えましたね。

王会長 確かに、あの(甲斐)拓也の肩は大きなポイントになった。ただ、あれだけ盗塁死があっても粘れたということは、広島の地力と意地も半端じゃない感じがした。いいチームだ。

柴田 その甲斐はMVPにもなりました。メジャーも注目しているというし、今後が楽しみな選手ですね。で、次は巨人OBの1人としてのご意見を拝聴したいのですが…。

王会長 広島の主砲・丸佳浩の獲得に成功した。ロッテか、はたまた広島残留かで随分と騒がれたが、結局は巨人に入った。原辰徳監督としては狙い通りというか、願ったり叶ったりの選手が獲れて、ホッとしているんじゃないか。

柴田 原監督も「よくぞジャイアンツを選んで頂いたと感謝しております」と語り、「頑健な体、強い心がある。練習量は、伝え聞くところでは野球界の歴史では何本かに入ると思います。ジャイアンツにいい影響を与えてくれる」と、満面の笑みを見せました。何せ2年連続でリーグMVPを獲っても、なお野球道を突き詰める姿勢は指揮官もぞっこん、といった感じ。

王会長 丸が入ったので、オーダーの枢軸に座るイメージも出来るね。クリーンアップの一角に、デンとね。組み立て作業というのは、パーツが揃うと期待や希望、楽しみができる。例えば、3番に入れば、坂本勇人を切り込み役の1番に固定できるし、今季活躍した若き4番・岡本和真と濃厚な組立てが出来る。とにかく丸の加入はベテランから若手まで全軍に波及する。
(明日に続く)

関連記事(外部サイト)