低迷ゴルフ…石川遼選手会長もすがりつく“美女キャディー”藤田美里

低迷ゴルフ…石川遼選手会長もすがりつく“美女キャディー”藤田美里

(提供:週刊実話)

日本のゴルフ界の救世主は、美女キャディーということになりそうだ。

 今さらだが、日本のゴルフ界は、男女ともに低迷。「強いスター選手」がいないからだ。

 「男子は将来性を感じさせる若手が何人かいますが、『あと一歩』が足りないんです。そこから抜け出す選手が出現すればという状況です。石川遼は予選落ちを繰り返しているし…。女子も同様ですが、韓国の美女軍団のおかげでギャラリーは集まっています」(専門誌記者)

 実力派がいなければ、美女軍団。日本の女子ゴルフ界はそんな見方がさらに強まりそうだ。

 「キャディーでありながら、写真集も発売されました。彼女が移動すると、男性ギャラリーやカメラマンもそれに付いていく始末」(同・記者)

 写真集の発売まで決まった美人キャディーとは、藤田美里。藤田光里プロの妹で、昨年度のプロテストを受験したものの、かなわなかった“プロ予備軍”だ。姉妹仲と、将来の勉強で姉に付いてツアーを回っているのだが、「このまま芸能活動にウエイトを置いていくのではないか」の声も聞かれた。

 「芸能志望がもともと強かったみたい。実際、彼女はプロダクションに所属しており、テレビにも出演しています。テレビ出演の際にはゴルフの話は一切していません。リポーターなどをこなしています」(女性誌記者)

 プロテストを追うテレビカメラも藤田メインだった。「一次テストで脱落」という結果を聞くと、芸能メインの話にも信憑性が増してくる。しかし、こんな声も聞かれた。

 「藤田はモデルのオーディションを10代のときに請け、審査員特別賞でした。ゴルフに専念することは難しいと思いますが、美人で笑顔がカワイイとなれば、ゴルフのツアー関係者が放っておきません。藤田光里とセットにして、ギャラリーの呼べる姉妹として活躍してもらわないと。藤田美里もゴルフを売りに芸能活動を広げていく戦略では」(同・記者)

 藤田を男子プロのキャディー役にも借り出す案があるそうだ。人気拡大のためならきっかけは何でもいい。石川遼はツアー選手会長として“柔軟に”対応しそうだ。

関連記事(外部サイト)