東京五輪で“期待される”卓球「韓国&北朝鮮」合同チームの大ゲンカ

東京五輪で“期待される”卓球「韓国&北朝鮮」合同チームの大ゲンカ

(提供:週刊実話)

韓国が来る東京五輪に向け、北朝鮮との合同チームで挑む方向で国際オリンピック委員会(IOC)を交えた三者会談が進められていた。

 「バスケットボール、ホッケー、カヌー、そして、卓球の女子の4競技がその対象とされていました。バスケとバレーは合意できました」(スポーツ協会詰め記者)

 ところが、韓国の競技協会が代表候補に面談し、北朝鮮との合同チームについて聞いたところ、「ノーサンキュー」の声が多いことが分かった。NGを突き付けたのは卓球である。

 「卓球には団体戦があります。ダブルスで南北合同チームとなった場合、息が合うかどうか分かりません。イデオロギーでNGを出したのではなく、即席チームでは勝てないというのが理由のようです」(同・記者)

 卓球の南北合同チームというと、1991年の世界選手権で女子団体は優勝している。今もそうだが、当時から中国が圧倒的な強さを誇っていた時代だ。また、昨年の世界選手権団体戦でも、やはり女子は合同チームを結成している。

 「91年の優勝があるので、政府関係者は南北の合同チームになれば好結果が出ると簡単に思っているようです。昨年も米朝首脳会談の流れがあり、合同チームに好意的な声が世界中から上がりました」(特派記者)

 韓国政府は卓球の合同チーム結成に向け、水面下でもう一度働きかけるという。政治的な狙いも含まれてのことだろう。

 「昨年の世界選手権では、現地入りしてから合同チームの結成が発表されました。東京五輪での卓球の合同チームは見送られるとの見方は支配的ですが、サプライズで急変ということも十分に考えられます」(前出・同)

 プロレスのタッグ戦では、息が合わずに仲間割れし、相手チームを無視して「仲間同士で場外乱闘へ」なんてシーンもある。

 仲間割れはプロレスの醍醐味であり、専売特許だ。しかし、韓国が政治的謀略で卓球・合同チームを強行した場合、プロレス顔負けの場外乱闘が見られるかもしれない。

関連記事(外部サイト)