足こぎ式のSUP新登場 横浜のマリーナで披露

足こぎ式のSUP新登場 横浜のマリーナで披露

披露された足でこぐ「SUP」=横浜市金沢区の横浜ベイサイドマリーナ

 長いボードに立ってこぐSUP(スタンドアップパドルボード)にペダルを踏んでこぐ新タイプが登場し、このほど横浜ベイサイドマリーナ(横浜市金沢区)で披露された。

 足こぎタイプのカヤックを提案する米ホビー社が開発し、商品名は「ミラージュ・エクリプス」。従来のSUPとの違いは固定式のハンドルがあり、左右のレバーでかじを取る点だ。

 国内正規販売店「百丹土地マリンボックス100」(逗子市)は「ハンドルがあり安定するので、子どもや女性も楽しめる」と紹介する。フィンを動かすペダルを取り外してSUPとしても使える。

 大きさの違いで2種類あり、価格は38万3400円と39万9600円。同社は23、29日、同市の逗子海岸で無料試乗会を企画している。問い合わせは、同社電話046(872)1550。