福原愛が世間一般だけではなくメディアにも評判がいい理由とは

卓球の江宏傑と結婚した福原愛、過去に一度だけ取材拒否もメディアからクレームなし

記事まとめ

  • 台湾の卓球選手の江宏傑と結婚した福原愛は、メディアにすごく愛されているという
  • 海外帰りで疲れていても取材を受ける福原が、一度だけ取材拒否したことがあったそうだ
  • これまでの福原の対応を知っているメディアからは一切クレームはなかったと記者は言う

福原愛が世間一般だけではなくメディアにも評判がいい理由とは

福原愛が世間一般だけではなくメディアにも評判がいい理由とは

福原愛が世間一般だけではなくメディアにも評判がいい理由とはの画像

?


先ごろ、台湾の卓球男子代表選手の江宏傑(27)と結婚した福原愛(27)。


小さいころから天才卓球少女として有名だった彼女の結婚を、自分の娘のように喜んだ人も多いはずだ。だが福原は、世間からの評判だけではなく、メディアにもすごく愛されているという。



「例えば昨年7月、韓国オープン女子シングルスで優勝し、羽田空港へ帰国した際のこと。税関を出たところで会見し、話を全部聞き終えた取材陣は、優勝トロフィーを持った姿の写真を撮らせてほしいと要求しました。しかし、トロフィーは手元になく、スタッフが先に持っていったトランクのなかに入っていた。そこで福原は、スタッフにトランクを会見場所まで持ってきてもらい、トランクを開けたら、『ドラえもん』の文庫本が大量に出てきた。いつも遠征先へ持っていくそうで、愛ちゃんは全部読んだからとストーリーを説明しながら、記者たちに『ドラえもん』を配り、それから撮影に入った」(スポーツ紙記者)


海外での試合からの帰路で疲れているにも関わらず、取材を拒否せず、この話のようなサービス精神をも見せてくれる福原だが、一度だけ取材拒否をしたことがあるという。


「今年9月の結婚報道のあと、警視庁新宿署の一日署長を務めました。その際に、当初は囲み取材が予定されていたが中止になっています。パラリンピックの開催中に、プライベートな話はしたくないという理由でしたが、これまでの福原の対応を知っているメディアからは、一切クレームは出ませんでした」(同)


年末には台湾で挙式の予定で、新居として台南市内に建設中の高級マンションの隣り合った部屋を2部屋購入している。2部屋のあいだにある壁を取り除いて、1部屋にして使用する予定だという。


すでに福原は、江選手とともに卓球を続けることを明言している。2020年の東京五輪には夫婦そろって出場してみせてほしい。

関連記事(外部サイト)