陸上100メートル桐生祥秀が世界陸上代表を逃す “オーバーワーク”を懸念する声も

記事まとめ

  • 陸上100m走で、9秒台に最も近いと言われていた桐生祥秀が日本選手権で4位に終わった
  • 多田修平やケンブリッジ飛鳥、サニブラウン・ハキームは好タイムで言い訳できないそう
  • リオ五輪後も休まずレースと練習に明け暮れ“オーバーワーク”を懸念する声も出ていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております