女子バレーボール木村沙織がビーチバレーに転向か

女子バレーボールの木村沙織、日本代表を引退しビーチバレーに転向か

記事まとめ

  • 女子バレーボール選手の木村沙織が代表を引退し、ビーチバレーに転向しそうだという
  • 東レ・アローズに所属しているが、ビーチバレーから熱心に誘われているそう
  • 「露出の高いユニホームになり、男性ファンはより一層増えるでしょう」と記者は語る

女子バレーボール木村沙織がビーチバレーに転向か

女子バレーボール木村沙織がビーチバレーに転向か

(C)Shutterstock

女子バレーボール選手の木村沙織(30)がインドアの全日本女子代表を引退し、今度はビーチバレー選手として活躍しそうだ。


木村は高校時代に日本代表選手になり、エースアタッカーとして活躍した。2012年のロンドン五輪では銅メダルに貢献。今夏のリオデジャネイロ五輪にはキャプテンとして出場した。惜しくもメダルを逃したが、その人気は衰え知らずだ。



「木村自身も言っているのですが、リオ五輪のキャプテンを引き受ける気はなかったようです。ただ、現実に木村抜きの全日本も考えにくかった。今回の五輪で退任が濃厚な眞鍋政義監督の強い要請で引き受けた経緯があります」(スポーツ紙記者)


リオ五輪で日本は5位だった。若手選手の著しい台頭がなかったことを考えれば、この成績は木村の力によるところが大きい。


「眞鍋氏も辞任するだろうし、木村も代表を引退する予定です。年齢もバレーボール選手としては限界が近い。本当にお疲れさまという感じです」(同)


現在、彼女はプロとして『東レ・アローズ』に所属している。今後もバレーボールは続けるようだ。


「インドアバレーを続ける考えですが、ビーチバレーから熱心に誘われています。同じ会社に所属し、プロのビーチバレー選手として活動すれば、最高に会社の宣伝になります」(バレーボール雑誌編集者)


木村は身長185cmだが、世界トップレベルのアタッカーから見れば小柄な部類だ。それをスパイクの強さと、判断力の速さで、世界のアタッカーに肩を並べる活躍をしてきた。そのテクニックはビーチバレーでより生かされるという。


「ビーチバレーでは、木村は相当大柄な部類に入ります。しかもペアでやるスポーツですから、トスがどう上がるかによって、そのときどきで打ち方を変えるのです。技巧派の木村に向いています」(同)



さらに、木村がビーチバレーに転向すれば、いままで以上に人気になる要素がある。


「週刊誌や写真誌などで特集が組まれるほど、木村は男性人気が高い。グラビアアイドルに負けないような体つきをしています。それが露出の高いビーチバレーのユニホームになるのですから、男性ファンはより一層増えるでしょう」(写真誌記者)

関連記事(外部サイト)