【東京五輪】フェンシング男子エペ団体で金メダル 史上初の快挙

【東京五輪】フェンシング男子エペ団体で金メダル 史上初の快挙

『東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会』エンブレム (C)Tokyo 2020

【東京五輪/フェンシング男子エペ団体】(30日、幕張メッセ)
 フェンシング・男子エペ団体の決勝が行われ、日本はROC(=ロシアオリンピック委員会)を破り、金メダルを獲得した。フェンシング競技で日本勢が金を獲得するのは史上初の快挙。

 2019年に世界ランクで初めて年間1位を獲得した見延和靖(33)を中心に、宇山賢(29)、加納虹輝(23)、山田優(27)で臨んだ今大会。準々決勝では世界ランキング1位のフランスも撃破した。

 また、今五輪の日本勢トータル17個目の金となり、過去最多だった1964年東京五輪、2004年アテネ五輪を更新する新記録となった。

関連記事(外部サイト)