『高校サッカー』応援リーダー史上初4人が起用 東京五輪日本代表・前田大然選手ら

『高校サッカー』応援リーダー史上初4人が起用 東京五輪日本代表・前田大然選手ら

『全国高校サッカー選手権大会』の『応援リーダー』として林大地選手、前田大然選手、旗手怜央選手、上田綺世選手が起用 (C)日本テレビ

東京五輪日本代表の林大地(シントトロイデン/ベルギー)、前田大然(横浜F・マリノス)、旗手怜央(川崎フロンターレ)、上田綺世(鹿島アントラーズ)選手が、12月28日に開幕される第100回全国高校サッカー選手権大会の応援リーダーに起用された。例年、選手たちの目標となる現役プレーヤー、もしくは現役に近い選手が就任しているが、東京五輪が開催された今年は、五輪年代の頂点を目指した東京五輪日本代表の4人に決定。史上初、4人による応援リーダーとなる。

 東京五輪で5試合に先発出場した林選手は、大阪・履正社高校で選手権2度出場。大学を経由してプロ入りし、東京五輪後に海外移籍を果たした。J1リーグで得点王争いを繰り広げている前田選手は、山梨大会決勝で2得点するも選手権出場はかなわなかった。しかし、高卒でプロ入りし、山梨学院高校時代の恩師や家族の支えを胸に刻んでキャリアを積んできた。

 川崎フロンターレでJ1連覇を目指す旗手選手は故郷・三重を離れ静岡学園に入学。技術を売りにするチームの中で自分の居場所を探し出し、大学を経由してプロ入り。プロ2年目の今年、原点を忘れないよう、高校1年生の時につけていた背番号「47」に変更した。茨城出身の上田選手は、鹿島アントラーズの下部組織から地元の鹿島学園高校に進み、大学を経由して再びアントラーズに加入するという夢を果たした。そして今年の東京五輪では、鹿島スタジアムで開催された準々決勝に出場し、PK戦を制しての勝利に貢献した。

 それぞれ異なる経歴を持つ4人だが全員が高校サッカーを経験することで夢を実現するきっかけをつかんだ選手たちでもある。さまざまな背景を持つ応援リーダーが、さまざまな選手の目標となり、高校生を後押しする。

 日本テレビスポーツ局の岡本和孝プロデューサーは「今回応援リーダーに就任していただいた4選手は、夢に向かって走り続ける選手たちです。プロサッカー選手への夢をあきらめそうな時にも、恩師や家族、仲間に支えられながら、サッカーに打ち込んできました。4人に共通しているのは、プロサッカー選手になるための『何か』と高校サッカーを通して出会ったことです。その『何か』は、恩師の言葉であったり、仲間の存在であったり、親の支えだったり…。そんな、高校サッカーを通じて大きな成長を遂げた4人の選手に応援リーダーに就任していただければ、コロナ禍の苦しい日々を過ごす高校生の目標になっていただけるのではと考えました」と起用理由を説明。

 「今大会は、記念すべき第100回大会ですが、高校生にとっては例年と同じ大会なのかもしれません。なぜなら、高校3年生にとっての最後の選手権は、いつも特別な大会だからです。高校サッカー部の日本一を決める大会として100回の歴史を刻んできた全国高校サッカー選手権大会を、この4人の選手と迎えられることに感謝しながら、大会への準備を進めたいと思います」と意気込みを語っている。


■応援リーダーコメント

【林大地選手】
真剣に何かに取り組むことのすばらしさや、仲間と1つの目標に向かって取り組むことの素晴らしさを高校サッカーから学びました。仲間の存在は本当に大きいですね。今でも履正社高校で出会った仲間とは連絡を取りあったりします。その時は、いつも、また高校サッカーしたいなっていう話をしますね(笑)。高校生には、同じ目標に向かってみんなで一つになって取り組むことの素晴らしさを再確認してもらって、頑張ってほしいなと思います。

【前田大然選手】
僕は、選手権で山梨学院が優勝したのを見て進路を決めました。高校サッカーを経験してなかったらプロサッカー選手には絶対なれてないと思います。高校時代はずっと周りに支えられたので、そこで出会った仲間とか、総監督や監督、コーチ、そして親の存在は本当に大事だなと思っています。僕が高校生達に伝えたいのは、サッカーだけじゃないよっていうことですね。サッカーだけやっていてプロになる人はいるかもしれませんが、やはりサッカー以外のところも大事だと思っています。それを、僕からは伝えたいかなって思いますね。

【旗手怜央選手】
今があるのは静岡学園の3年間がすごく大きいと思っているので一番成長させてくれた場だと思いますし、そこに関しては感謝しかないです。あの3年間があったからこそ今の僕があるし、すごく幸せな時間3年間を過ごさせてもらったと思います。高校サッカーは、僕からすると『原点』っていう言葉が一番当てはまるかなと思います。僕が高校入った時の1年生の時に練習試合とかで着けるユニフォームがあったんですけど、その背番号が47番で、今回そこに立ち返るためにっていう思いで、今年フロンターレで47番を付けさせてもらっています。

【上田綺世選手】
僕は、『一瞬』という言葉を大事にしているんですが、高校の頃、恩師の鹿島学園の鈴木雅人監督によく言われていた言葉なんです。点を取る場面や試合の中で、すべてにおいてその瞬間は一瞬しかありません。だからその一瞬を逃さないための練習だったり、コンディション調整だったり、そういうところを常に意識しなさいと言われていました。当時はそんなに意味も深くは考えてなかったんですけど、大学やプロを経験して、改めて大事な言葉だなと思います。今大会の高校サッカーに挑む高校生に対しては、プロを目指している選手も目指してない選手も、たぶんみんな同じ思いで戦っていると思うので、目の前のワンプレーやその一瞬を大事にしてほしいなと思います。一瞬遠慮したり、一瞬自分の準備をサボったりとか、その一瞬で遅れたことによって一生後悔することになったりすると思うので、一瞬一瞬を大事にしてほしいですね。

関連記事(外部サイト)