スカパー!がプロ野球全12球団の公式戦をネット配信。金本知憲前監督は広島×巨人戦に「阪神戦より興味ある」

スカパー!がプロ野球全12球団の公式戦をネット配信。金本知憲前監督は広島×巨人戦に「阪神戦より興味ある」

(左から)倉持明日香、金本知憲、真中満

2月27日、「2019年スカパー!プロ野球メディアラウンドテーブル」が開催され、スカパー!プロ野球セットPRアンバサダーの倉持明日香、阪神前監督・金本知憲とヤクルト前監督・真中満が登壇した。

ほぼすべての試合を配信しているスカパー!だが、"同じプロ野球を愛する者としてプロ野球ファンの「観たい」をもっと叶えたい"をコンセプトに、これまで9球団だった公式戦のネット配信を全12球団に拡大予定。さらに「プロ野球セットアプリ」も、各試合のライブ配信をすぐに観られる「ワンタップライブ配信」機能や「選手名鑑」を加えるなどリニューアルした。

イベント後半は、金本と真中が、くじ引きで選ばれたテーマに沿ってトーク。

真中は「このくじ引きスタイルが、僕にやらせようとしてますよね。しかもこの並びで」と、2015年のドラフト会議で起きた"珍事"を想起。当時、明治大学の高山俊を巡る阪神とヤクルトの一騎打ちで、当たりを引いたと真中が勘違いした事件だ。

「金本さんを前にやりづらいな。(今回は)間違えないようにしようと思います」と話す真中に、金本も「何も書いてないでしょ」とからかうなど、和やかな雰囲気で当時の再現が行なわれた。

今年の優勝予想で巨人、広島を挙げた金本は「広島から移籍した丸(佳浩)に注目。環境に慣れることが選手にとって大きいが、どれだけ打てるのか。(広島×巨人戦は)正直、阪神戦より興味ある。開幕戦というのは今日知ったけど」と笑いを誘った。

一方、「穴党」だという真中は「去年、投手陣が出遅れたので、2年連続ってことはない」という理由でセ・リーグは横浜DeNAベイスターズを、そしてパ・リーグは「やはり菊池雄星が抜けたのが不安」(金本)な西武ライオンズを「誰もがないだろうっていうなかで、打ち勝つ野球でいけるんじゃないか。ドラフト1位の松本(航)君も即戦力で使えそうなので、期待したい」として選んだ。

金本が阪神の高山俊に「3年一緒だったから、こないだ『頼むから頑張ってくれよ。とにかく迷わずにお前の思うようにやったほうがいい』とメールした」ことや、本来のポジションへ戻った阿部慎之助と鳥谷敬、そして各球団でドラフト1位指名された根尾昂と小園海斗などの話題で盛り上がった2人。

しかし、スカパー!のキャンプ中継へと話題が移ると、真中が「キャンプに関しては、テレビのほうが情報が入ります」という真中に対し、金本は

「阪神はだれもいなくなるまで中継している。自分の練習がやりにくかった。ずっとカメラで追われて、頑張ってるアピールしてるようで。ウエイトルームくらいです、カメラが入ってないの。あそこで開放される」

と本音をこぼし、会場を笑わせた。

取材・文/鯨井隆正

関連記事(外部サイト)