現役引退したフェルナンド・トーレスにセルジオ越後「サガン鳥栖はトーレス獲得で夢を持たせた。でも彼を生かしきれなかったね」

現役引退したフェルナンド・トーレスにセルジオ越後「サガン鳥栖はトーレス獲得で夢を持たせた。でも彼を生かしきれなかったね」

トーレスについて「誠実で温厚な人柄と聞いているけど、今季は審判にクレームをつける場面も目についた。それだけストレスを感じていたのだろう」と語るセルジオ越後氏

昨年7月に鳴り物入りで鳥栖に加入したフェルナンド・トーレスが現役を引退した。日本での成績は35試合で5得点。下位に低迷するチームにあって目立った結果を残せず、周囲から寄せられる大きな期待に応えられなかった。

すでに35歳、キャリアのピークを過ぎていたとはいえ、本人ももう少し活躍できると思っていただろう。ずっと歯がゆさを感じていたに違いない。

そして、スパッと現役を辞める決断をした。ファンやメディアから批判を受けていたわけではなく、自分から辞めると言わなければ、ダラダラと現役を続けて高給をもらうこともできた。ただ、それは彼のプライドが許さなかったということ。プロ意識の高さはさすがだと思う。

鳥栖は大金を投じ、よく世界のトッププレーヤーを連れてきた。観客動員数は増えて、Jリーグ自体の注目度も上げた。ただ、大物を呼んで夢を持たせるところまではよかったけど、ピッチ上で生かすところまではいかなかった。それは大きな反省材料だ。

ストライカーのトーレスはゴール前でこそ持ち味を発揮する選手。実際、いいボールが来れば、迫力のあるプレーを見せてくれた。でも、そうした機会はあまりにも少なかった。鳥栖の中盤にいいパスを出す選手がいなかったからだ。その結果、トーレスが守備に走り回ったり、チャンスをつくる役割をこなすことも多かった。

在籍1年で監督が3度も交代。戦術の定まらないチーム状況にも足を引っ張られた。誠実で温厚な人柄と聞いているけど、今季は審判にクレームをつける場面も目についた。それだけストレスを感じていたのだろう。

今後は鳥栖のアドバイザーとして、年に数回程度は来日するという。具体的にどういった仕事をするかはわからないけど、鳥栖はぜひ彼の意見に耳を傾け、生かしてほしい。

かつてドゥンガが磐田のアドバイザーを務めていたとき、「(磐田のフロントは)意見を言ってもちっとも聞いてくれない。なんのためのアドバイザーなのか」と怒っていたことがある。結局、その後ドゥンガと磐田との縁は切れてしまった。もったいないよね。鳥栖にはそんなことにならないようにしてほしい。

さて、同じスペインつながりのトピックになるけど、久保建英のマジョルカ(スペイン1部)への期限付き移籍が決まった。レベルを考えれば、3部に所属するレアルのBチームでプレーするよりも断然いい。いいチャンスをもらったと思う。言葉の問題もないし、あとはポジションを奪って試合に出るだけだ。

1部とはいえ、強豪とはいえないマジョルカは、試合中に守りに回る時間が長くなると思う。それこそ鳥栖でのトーレスのように、久保にもボールがなかなか来ない可能性もある。そうしたなかでどれだけ持ち味を発揮できるか。そのあたりが課題になるんじゃないかな。それでも、レアルやバルセロナ、アトレティコ・マドリードといったビッグクラブとの対戦は今から楽しみだね。

スペインリーグにはこれまで多くの日本人選手、それも日本代表の主力級が挑戦してきたけど、なかなか成功を収められなかった。継続的にプレーし、一定の評価を勝ち取ったのは乾(エイバル)くらいだ。それだけ厳しいリーグであるのは間違いないけど、久保にはぜひその壁を破ってほしい。

構成/渡辺達也

関連記事(外部サイト)