人気再燃の女子プロレスから“19歳の妖艶なヒール”木村 花と“クールビューティー”雪妃真矢に直撃!

人気再燃の女子プロレスから“19歳の妖艶なヒール”木村 花と“クールビューティー”雪妃真矢に直撃!

母親もプロレスラーという遺伝子を継ぐ木村 花(左)と銀行OLから転身という異色なキャリアの雪妃真矢(右)

女子プロレスといえばクラッシュギャルズ、北斗晶、アジャコング…で時代が止まっている読者も多いのでは? しかし今、じわじわと人気再燃! 各団体がしのぎを削り、交流しつつ盛り上げている。

実力はもとよりビジュアル的にも人気の“ツヨカワ女子”も続々輩出、発売中の『週刊プレイボーイ』24号ではその中から選りすぐりの6人をグラビアでピックアップ、水着姿まで撮り下ろしている。

そこで、前回配信した宝城カイリ選手のインタビューに続き、ほかの5人にも登場いただき、今をときめくリングの女神たちを前後編でご紹介する!

* * *









まずは、デビュー1年とは思えない堂々たる試合ぶりで話題の木村 花選手。キュートなベビーフェイス、妖艶なヒールというふたつの顔を使い分ける19歳だ!

―デビュー1年で、すでにタイトル戦にも絡むというすごい活躍ですね。

木村 でも緊張もしてますよ! 緊張しすぎておなかが痛くなったりもしてました…。

―プロレスを始める前に、何かスポーツはしていたんですか?

木村 中学でちょっとだけ柔道部だったのと、小学生の頃からダンスが好きでずっとやってます。

―お母様で先日引退した元プロレスラーの木村響子さんに勧められたのがきっかけでプロレスを始めたそうですが。

木村 はい。試合のこととか相談すると、すごく的確なアドバイスがもらえます(笑)。実は母のデビュー戦から観てるんですよ。5、6歳の頃ですけど、私をママチャリに乗せて、片道1時間かけて道場まで通ってたんです。

―木村響子選手のデビューまで一緒に歩んだんですね!

木村 そうとも言えるかも(笑)。

―印象に残っている試合はありますか?

木村 母の初めてのデスマッチは覚えてますね。小学2、3年の頃で、目の前で血まみれになったことは忘れられません(笑)。自分の試合では、初めてアジャコング選手とシングルマッチをさせてもらった時ですね。大きくて攻撃も重くて「うぅっ」てなるぐらいだったんですけど(笑)。でも、やっとレスラーとしてリングで受け入れられたと感じられて、自分のスタート地点のように思ってる試合です。

―プロレスの面白さってなんだと思いますか?

木村 ゴールがないところですかね。最低限のルールだけがあって、何をするかは個人の自由で、正解とか間違いとかもなくて。最終地点みたいなものもないので…楽しいです!

―どんな選手になりたい?

木村 「絶対こうなりたい」みたいなものはないんですけど、説得力のある試合をしたいな。目指している選手はいないけど、里村明衣子選手とか浜田文子選手とか強いレスラーに憧れます。

―そのお二方は海外でも活躍されていますが、やはり将来は海外にも進出したい?

木村 はい! 最近はTwitterとかで海外の人からリプもらったりすることも増えてきて。英語は勉強中なので、絵文字で伝えたり「お気に入り」に入れて心の中でありがとうって思ったりですけど嬉しいですね。海外ではまだ試合をしたことがないけど、いずれ世界のあちこちに行ってみたいです!









そして、ふたり目は女子プロレス界随一の色気を持つ雪妃真矢(ゆきひ・まや)選手だ。美女レスラーが揃うアイスリボンに所属。フェリス女学院卒業後、銀行勤務を経てプロレスラーになったという異色の経歴の持ち主でもある。

―プロレスラーながら、3ヵ国語が堪能とか!

雪妃 外国語でコミュニケーションを取るのが好きで、英語と韓国語は普通に喋れます。韓国語は自己流ですけど、日本語と似てて結構簡単なんですよ。スペイン語も自分で勉強してるんですけど、女性名詞と男性名詞がある言語はやっぱり難しいですね(苦笑)。

―プロレスを始めたきっかけは?

雪妃 誘われて観たのがきっかけです。最初は興味がなかったんですけど、一度観たら「こんなに面白いものだったんだ!」ってわかって、そのうちに自分でやりたくなっちゃった(笑)。

―大学を出て銀行に就職してという順調な人生から急転、異色の経歴すぎます!

雪妃 それまでは無理をしないで生きてきたんです。受験の時期だったら行きたい大学に向けて普通に勉強を頑張るし、就職活動の時はそれを頑張るし、そういうものだと思ってたんです。手に入らなさそうなものは目指したことがなかったので、こんな風に“普通じゃない道”に飛び込んだのは人生で初めてです!

―練習が辛くて辞めたくなったりはしません?

雪妃 それはないですね。それよりもケガで辛い時とか人間関係とかかな(笑)。あと、やっぱり試合が思うようにいかない時は頭をよぎりますね。負けても「ここまでやって負けたんだからいい」って思える時もあれば、勝ったのに納得できない時もあるし…そんなことすら考えられない時も(笑)。アジャコングさんと闘った時は、周りの反応は全く聴こえなかったですね。

―プロレスを続けている理由は?

雪妃 応援してくれる人がいるからです。ファンの方々の応援がなければ続けられません!

―将来の夢を教えてください。

雪妃 選手としての夢は、アイスリボンをもっと知ってもらうこと。私がプロレス界に入った“ホーム”だから、やっぱり愛着があるんです。私は経歴こそ異色ですけど実力がまだまだで、でも観に来てもらえさえすれば先輩方が熱い試合をしています。私がきっかけでも、アイスリボンの誰かを好きになって帰ってくれればいいなと思います。

あとはやっぱり、いつかは結婚も…練習生になる時に一度は諦めたけど(笑)。いざデビューしてみて周りを見回すと、やっぱりいいなって。もし叶えられるなら、せっかく女に生まれたので、いつかは結婚・出産もできたらいいなと思います。

◆続編⇒ツヨカワすぎる女子プロレスラーたちに注目! “リングの女神”がこんなに魅力的とは…

(取材・文/明知真理子 撮影/LUCKMAN)

●木村 花(きむら・はな) 




プロレスリングA.C.E所属 1997年9月3日生まれ(19歳) 神奈川県出身 身長164cm 得意技=ミサイルキック 2016年3月デビュー。Twitter【@hanadayo0903】

●雪妃真矢(ゆきひ・まや) 




アイスリボン所属 1月9日生まれ(年齢非公開) 千葉県出身 身長164cm 得意技=スノウトーンボム 2014年11月デビュー。Twitter【@yukihi_maya】

関連記事(外部サイト)