世界アポなし引退ツアーから47歳にして現役復帰! 海外でリスペクトされる異端のプロレスラー・ディック東郷とは

世界アポなし引退ツアーから47歳にして現役復帰! 海外でリスペクトされる異端のプロレスラー・ディック東郷とは

WWF(現WWE)でも活躍、47歳にして現役復帰したディック東郷選手

1991年にデビューし、キャリアの大半をフリーの悪役レスラーとして活躍してきたディック東郷。参戦した団体は日本国内のみならず、アメリカWWF(現WWE)まで多岐に渡る。“レスリングマスター”と呼ばれるほどの技術を持ち、試合だけでなく世界中で指導も行なってきた。

その東郷は41歳だった2011年6月、日本で引退試合を行なった後、約1年の世界引退ツアーに出発。しかもまさかのアポなしでバックパッカーとして自ら地元のプロモーターと交渉しつつ、終着点は敬愛するチェ・ゲバラ最期の地であるボリビアという破天荒なサーキットを成し遂げ、12年9月に引退した…はずだった。

ところが、2016年6月、47歳にして突如ツイッターで現役復帰宣言! 試合を観に行ったところ、引退前である30代の頃よりも迫力が増してキレッキレじゃないですか!

世界サーキットを経て、引退したからこそ見えたものがあるのか? なぜ復帰を決意したのか? 復帰から1年、今また新日本プロレスのマットにも登場している彼に話を聞くしかない!と時間をいただき、フリーレスラーとして「生涯一ヒール」を貫く矜持(きょうじ)を伺った!

* * *

―引退ツアーでは、オーストラリア、ヨーロッパ、アメリカ、中南米と22ヵ国も巡ったそうですが、やはり危険な目に遭(あ)われたのでは?

D東郷 それが僕は運がいいのか、物を盗まれたり襲われたりという、いわゆる旅のアクシデントには遭ってないんですよ。ただレスラーにとっても危険はたくさんあって。これはメキシコの友達から聞いたんですけど、ある悪役レスラーが試合後にマイクで「この会場の女は全員ビッチだ!」と言ったんです。

悪役だし、ここまではよくあるマイクアピールでブーイングを受けて終わるハズだったんですけど、彼が運が悪かったのはそこは「ロス・セタス」という有名な麻薬カルテルの本拠地だったんです。

―ロス・セタスって、“史上最も危険”とされる麻薬カルテルですね!

D東郷 そのロス・セタスの幹部が警察と壮絶な麻薬戦争をしている最中に、最前列に観戦に来てたんですよ。しかも奥さんを連れて。で、部下にマシンガンを持ってこさせて「俺の妻がビッチだと!?」って、そのレスラーの口に銃口を入れて1万5千人の観客が見守る中で土下座させたという…。

―まさに口は災いの元! メキシコではマイクアピールも下手なこと言えないと…!

D東郷 やっぱり中南米はひと筋縄ではいかないというか(笑)、治安の問題はあって。メキシコは夜でも試合できるぐらいなんですけど、グアテマラは昼間でもお店が鉄格子に囲まれているし、泊めてもらったプロモーターの家も鍵だらけで、部屋に入るまでに10コは鍵を開けなきゃいけない。彼の左右のポケットには30コぐらいずつ鍵が入っていて、常にパンパンでしたね(笑)。

エクアドルなんかも街角に「殺し屋を探しています」という張り紙があったり、黒人がたむろして道行く人を物色している感じで、何かイヤ〜な雰囲気なんですよ。

―怖い…! 中南米はどんなレスラーがいるんですか?

D東郷 ボリビアにはタタケっていう2m超えの元ボクサーの選手がいて、彼はすごくイタズラ好きなんです。移動の深夜バスでひとり起き出して、みんなの荷物を窓から投げ捨てちゃったり、カベジェラ・コントラ・カベジェラ(髪の毛を賭ける試合)を控える選手のモヒカンを剃ってしまったこともありましたね。

―イタズラのレベルが違う!

D東郷 そう、彼のイタズラは度を越してました…。剃られた本人は会場で「おまえ、髪は!?」って言われるまで気付かず、結局、カツラをかぶって試合したけど最初のヘッドロックでポロリと取れて、会場は爆笑だったという(笑)。他にもコマンドーっていう小型爆弾を使う選手もいて、巡業バスの中で若いヤツに小型爆弾を作らせていたりするし、ボリビアは選手も変な奴らばかりですね。

―爆弾って、もうテロリストじゃないですか! 丸山ゴンザレスさんばりにクレイジーな旅をされていたんですね…。

D東郷 世界ツアーのことは本にもしたいんでちょっとずつ書いてはいるんですけど、なかなか筆が進まなくて(笑)。

―そんな猛者がいっぱいの海外でノンアポで引退ツアーって…。どうやって試合を決めていたんですか?

D東郷 Facebookで発信しながら行くと「ディック東郷が来てるよ」とレスラーの口コミで拡がって、「うちの大会にも出てくれ」って依頼が来るんです。ヨーロッパはみんな礼儀正しくて何事もスムーズに行くんですけど、メキシコや南米は急に試合がなくなったり対戦相手が来なかったりとめちゃくちゃですね(笑)。

メキシコでは何度も取材の依頼を受けたんですけど、そのたびに記者が来ないんですよ。ある時も案の定、何分待っても来ない。ようやく若者が話しかけてきたので「どういうつもりだよ!」って怒ったら、記者じゃなくて素顔のマスカラ・ドラダ(メキシコの覆面レスラー)でした(笑)。

―マスクを取ったらわからなかったんですね(笑)。ところで試合や取材のやりとりは英語で? 

D東郷 英語とスペイン語です。でも適当ですよ。僕は話すのはあまりできないんですけど、言っていることはわかるんで、それにひと言ふた言返すだけの変則的なキャッチボールですね。あとは熱意です(笑)。

―スペイン語はどうやって修得されたのですか?

D東郷 メキシコ修行時代ですね。21歳ぐらいの時で、あるおじいちゃんの家に放り込まれたんですけど、その人が話好きで、スペイン語の全くわからない僕にも朝から晩までずっと話してるんですよ(笑)。それを聞いてるうちにいつの間にかわかるようになって。タクシーに乗った時、降り際に運転手から「おまえ、日本人だったの!?」って言われた時は嬉しかったですね(笑)。

―そこまで現地に馴染んでいた!

D東郷 どこの国に行ってもわりと馴染みますね。外国に行ったら「これは何?」と「いくら?」をまず覚えます。よく市場で食材を買ってたので、そこで訊ねて。あとはお金の計算のための数字。日本人だと必ずぼってくるんで、騙(だま)されないために。ボリビアの青空市場では店員に間違われて値段を聞かれたりしたし、よくペルー人には間違われます(笑)。















―確かにその筋肉といいお顔立ちといい、国籍不明なところがおありかと…。しかし世界をバックパッカーとして旅しつつ、レスラーとしての肉体を維持するのはすごいです!

D東郷 でも最後のボリビアではさすがに筋肉量が落ちて痩せてしまいましたね。オーストラリア、アメリカは最新機器を揃えたジムもいっぱいあるし、スーパーにもダイエット食品やサプリメントがあるんですけど、チリなんかはどこを探してもデブになるものしか売ってないです(笑)。ジムを探すのも大変で、チリよりずっと貧しいボリビアですらあちこちにあったのに、地元のレスラーに聞いても「知らない」って(笑)。

―じゃあどこで練習してるんでしょうか(笑)。ちなみに、行く先々で世界中のレスラーが観光案内を買って出てくれていたそうで。

D東郷 みんな優しいんですよね。僕の引退ツアーと理解してくれていて、最後のおもてなしをしようとしてくれたみたい。大会ポスターにも「ディック東郷ラストマッチ」とデカデカと載せてくれたり。日本で会った選手たちに再会できたのも嬉しいですね。イタリアからのプロレス留学生と再会したり、若い頃にタイトルマッチをしたイギリスの選手と会って「おお、まだやってるんだ!?」って、お互い歳を取ったなって(笑)。

―しかし世界中で試合や取材の依頼が来るとは、むしろ海外での知名度が高い?

D東郷 そうかもしれないですね。やっぱりWWF(現WWE)に出てからで、世界を周っているとあの影響力はスゴイなと実感します。90年代にみちのくプロレスで出たECWのベアリー・リーガル(WWEの団体・番組)は今でも好きだというファンや選手が多くて、すごく昔の話ですがいまだに言われますね。

―WWEで得た知名度、そしてレスリングマスターと呼ばれる技術があれば、世界のどこでも試合ができると。

D東郷 プロレスはそれ自体が世界共通語みたいなもので言葉がいらないですからね。ずっと以前にアルゼンチンに初めて行った時は、情報が全くなかったので、たまたまやってたプロレス番組のTV局にタクシーで行って「試合に出させてくれ」って直談判して(笑)。その時もまずは練習に参加したんですけど「是非出てくれ」といきなりタイトルマッチを組まれて、アルゼンチンで日本人初のチャンピオンになってしまいました。

まるで道場破りのようなじゃないですかっ!(笑)

◆このインタビューの続き、後編は明日配信予定!

(取材・文・撮影/明知真理子)

●ディック東郷(とうごう) 







1969年8月17日生まれ(47歳)、秋田県大館市出身。91年にデビューしヒールとして各団体で活躍した後、11年〜12年に世界ツアーを敢行し引退。16年に電撃復帰。







【参戦情報】7/25(火)ガッツ 新木場1st RING、7/26(水)マスターズ 後楽園ホール、7/30(日)レアルルチャ さいとぴあ(福岡)、8月3日(木)VKF 湊町リバープレイスほか、最新情報はtwitterで@boliviacuba

関連記事(外部サイト)