米国で性同一性障害のレスリング選手が女子高生の部で優勝 米国内で大論争に

記事まとめ

  • 米で性同一性障害でホルモン療法を受けているレスリング選手が女子高生の部で優勝した
  • 選手は女性として産まれたが男性であるとしているが、男子生徒として参加できなかった
  • ホルモン療法で注入する男性ホルモンは筋肉増大効果があり、米国内で論争になっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております