どうなる、どうする五郎丸。日本代表復帰の可能性は?

五郎丸歩が仏トゥーロン退団へ オーストラリアのレッズ時代から言語の壁に苦戦か

記事まとめ

  • 五郎丸歩が仏トゥーロンを退団するらしく、ヤマハへの復帰も視野に入れているとされる
  • 五郎丸歩はオーストラリアのレッズ時代から言語の壁に苦しんでいたとされている
  • しかし、五郎丸歩がヤマハに復帰したとしても、競争と無縁ではいられないという

どうなる、どうする五郎丸。日本代表復帰の可能性は?

どうなる、どうする五郎丸。日本代表復帰の可能性は?

ラグビー界のニューヒーローとなった五郎丸歩の次なる舞台は?(写真:ロイター/アフロ)

 ラグビーの元日本代表、五郎丸歩(31)の去就が注目されている。

 2015年のワールドカップイングランド大会では元日本代表としてベストフィフティーンになったフルバックは、現在在籍するフランス1部リーグ・TOP14のトゥーロンとの契約が今季限りで切れるという。2016年3月に退団した日本のヤマハへの復帰も視野に入れているとされる。

 2016年から今春にかけ、世界を転戦した。まずはオーストラリアのレッズに加わり、南半球主体のスーパーラグビーに挑んだ。いまのトゥーロンへ移籍したのは同年8月からだ。

 攻守が目まぐるしく切り替わるスーパーラグビーでは、故障もあり、不完全燃焼の感を残した。もっともフランスの舞台では、キックによる陣地獲得と激しいコンタクトが主体。フィジカリティ、グラウンド最後尾での落ち着いたキック処理を持ち味とする五郎丸にとっては、よりフィットしそうだとの見方は強かった。

 とはいえ、五郎丸がオファーを受けて行ったトゥーロンは、「銀河系軍団」とも謳われる選手層の厚いクラブだった。フルバックの位置にも多くのライバルがおり、レギュラーを張ったのはウェールズ代表のリー・ハーフペニー。五郎丸がその名を知らしめたプレースキックでも十分な安定感を保ち、ハイボール捕球時のばねやスペースを切り裂くスピードでも勝った。五郎丸は23試合中5試合の出場にとどまった。

 一般論として、トゥーロンに在籍するような強豪国出身のキャリア組は総じてコミュニケーション能力が高い。プレー中に短い単語で連携を図ったり、首脳陣やリーダー格の指示を咀嚼して仲間内で共有したり。日本のトップリーグにはせ参じる各国のスタープレーヤーたちも、そんな無形の力を評価されている。

 ましてや現地では、フランス語または英語が飛び交う。日本代表などでは当たり前のようにいる通訳は存在しない。レッズ時代から言語の壁に苦しんだとされている五郎丸にとっては、コミュニケーションが定位置争い以前のハードルとなっても不思議ではない。特に、チーム内で存在感をアピールしなければならなかった序盤戦時ならなおさらだろう。

 大きくとらえればマッチしそうだったラグビーのスタイルにおいても、異物感はあったか。フランスのTOP14では特にシーズン中盤まで、バックスのランナーが単発で相手とぶち当たるケースが多い。五郎丸が光り輝いたエディー・ジョーンズ前ヘッドコーチ時代の日本代表のような攻めの決まり事は、さほど重視されていなさそうだった。もし、日本なら組織的に攻めるような場面で自主性だけを求められているのだとしたら、その勝手に慣れるまでにも時間がかかったはずだ。
   

 五郎丸はここ2年間で、自身にとって初の海外プロ生活を経験。人生を豊かにしたのは間違いないだろう。苛烈な献身を求めたジョーンズのもとで代表活動をしてきた五郎丸にとって、ラグビーとオフタイムのワークライフバランスを考える列強国の戦士たちとの邂逅は意味深いはずだし、渡仏は後悔していまい。もっともその間、実戦から離れていたのは確か。日本代表とも距離を置いてきた。


 2016年秋から、ニュージーランドのジェイミー・ジョセフが新しい日本のヘッドコーチになった。前後左右にボールを動かすラグビーを目指す。テンポ良く攻める点はオーストラリア出身のジョーンズ体制時と似ているが、ボール保持に主眼を置いた以前と比べ、キック、ラン、パスを適宜選択する方向にシフトしている。

 攻守の切り替えに対応し得る頭脳、身体の俊敏性が求められていて、いまの正フルバックはランニングスキルに長けた松島幸太朗が担う。その隣のウイングで先頭を走る山田章仁は、ジョセフの要求に対応すべく徐々に体重を減らしている。異国で試合出場が限られてきていた五郎丸にとっては、過去のキャリアが尊重されづらい場所とも取れる。

 さらに、ジョセフも着任からいくらかの時間を過ごしたことで、自らの眼でベストプレーヤーを探す環境を整えている。

 スーパーラグビーへ日本から参戦するサンウルブズの練習や試合を常に視察。ナショナル・デベロップメントスコッドという合宿プログラムも実施している。これらをセレクションの礎としていて、シニアプレーヤーを無条件で代表へ呼ぶケースは徐々に減らしていくだろう。

 指揮官は4月11日、アジアラグビーチャンピオンシップを戦う若手主体の日本代表を発表。質疑応答のなか、リーチ マイケル、ツイ ヘンドリックといった昨秋の活動を辞退したイングランド組の意志について言及した。

 海外のスーパーラグビークラブに在籍する彼らは、アイルランド代表戦などが予定される6月の活動時は「選ばれればプレーしたい」と口にしたという。一方で、五郎丸については「彼とは連絡を取っていない」と発言。それ以上、話題は広がらなかった。現在の代表やサンウルブズでは、松島の後を追うフルバック候補としてサントリーの江見翔太や帝京大学の尾崎晟也ら、スピーディーな若手がリストアップされている。
   

 そもそも本人とて、かつてはイングランド大会後に代表を引退する意思を示したことがある。知られている通り、日本代表は大会通算1勝のまま迎えたイングランド大会で南アフリカ代表撃破など歴史的な3勝を挙げた。次回大会へ挑むには強い覚悟が必要だと、五郎丸と同級生のあるイングランド組も口にしている。

「歴史的なことを成し遂げたが、相手との地力の差はある。次回大会に向けては選手も大変です」

 独自のラグビーキャリアを重ねてきた五郎丸は、今後、アドバイザリー契約を結ぶ古巣・ヤマハへ復帰する可能性もある、と報じられている。これが実現したら、本人が望んだ場合の代表復帰に向けたアピールの場は、日本となる。

現在ヤマハでフルバックを務めるのは、南アフリカ出身のゲラード・ファンデンヒーファーだ。大柄な体躯とロングキック、さらには快足を長所とする若手の星だ。五郎丸が抜けた後に入れ替わりで加入し、そのままチームの正プレースキッカーも任されている。ファンデンヒーファーはウイングでもプレーできる。五郎丸との併用もありそうだ。とはいえ古巣でも、競争と無縁ではない。

 五郎丸が日本で最も有名な選手の1人であることは、間違いない。振り返れば、代表定着前から、人気の高い早大ラグビー部のエースとして当時の代表選手に負けない知名度を誇っていた。逆境を乗り越えるさまを注目されるという、ある意味で酷な運命を背負っているようだ。

 離日前に「日本にいるとなかなか失敗することがなくなりましたが、海外でいっぱい失敗して、最後はそれを成功に繋げたいですね」と話していた背番号15。この先、どんな人生の物語を紡ぐだろうか。

(文責・向風見也/ラグビーライター)