【リオ五輪・競泳男子400m個人メドレー】萩野が金、瀬戸が銅で60年ぶりダブル表彰台

記事まとめ

  • 男子400m個人メドレーで萩野公介が金、瀬戸大也が銅を獲得しダブル表彰台は60年ぶり
  • 萩野は今大会の日本人選手の金メダル第一号で、ロンドン五輪に続き2大会連続のメダル
  • 萩野は「平井先生に金メダルをかけさせてあげたい一心で頑張りました」とコメント

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております