<独占インタビュー1>羽根田が語るカヌー銅メダルの真実

<独占インタビュー1>羽根田が語るカヌー銅メダルの真実

アジア初のカヌーメダリストとなった羽根田卓也。

 好青年である。いや29歳の銅メダリストをつかまえて好青年とは失礼か。
だが、個性派タレントのマツコ・デラックスに「可愛い」「ハネタク」と命名された甘いマスクに、論理的な受け答えと、175cm、70kgながら筋肉で覆われた強靭な肉体。おまけにぶれない芯まであるとなると、世の女性たちは、この独身アスリートを放ってはおかない。

「ほぼ、毎日、メッセージをもらいますね」
リオ五輪後にフェイスブックに次から次へと若い女性から熟年女性までメッセージが舞い込むというが、それもよくわかる。 だが、普段はスリッパ履きで着の身着のまま自分を飾ることもない。

そんな不思議な人が日本の歴史上だけでなくアジア史上初めて不毛だったカヌーに銅メダルをもたらした。スラローム、カナディアンシングルという種目である。

「今でも、ふとした瞬間に信じられない気持ちに襲われます。ロンドン五輪が終わった頃から、何回も五輪に出てメダルを獲得するという夢を見ていました。金メダルを取った夢も、日によって、獲得するメダルの色は違っていたんですが、その度に朝起きて、『ああ夢か』と現実にかえってがっかりしていました。今も、寝る前のふとした瞬間に『今回も夢じゃないか』という気持ちに襲われることがあるんです」

羽根田卓也は、そう言って笑う。

 壮絶な話である。7位入賞したロンドン五輪が終わってから、この種の夢を見るようになったというが、それほど、人生のすべてをカヌーに捧げて一心に思いつめてきたのだ。それもスロバキアに単身拠を移してから10年にわたってである。

 そして何度も五輪でのメダル獲得の夢を見たが、羽根田は決して「夢だった」とは言わない。
「目標です。夢とは実現できるかどうかわからないものでしょう」
 
 リオから帰国後にテレビ出演や取材が殺到。御伽ばなしではないが、一夜にしてその置かれた立場が変わった人に、所属先で資金難に悩む羽根田の“救世主”となったミキハウスの協力を得て貴重なインタビュー機会を得ることができた。約60分に至るロングインタビュー。5回に分けて出来る限り全文を掲載したい。
   

――夢の話を聞いて驚きました。夢を見るようになったのが、ロンドン五輪後ということは、ロンドンでの7位入賞が自信につながったのですか?
「大きなきっかけにはなりました。『目標が達成できるんじゃないか』という現実が、自分の中から出てきた。周りからの期待じゃなくて。それが夢となって出てきたんでしょう」

――閉会式にも参加せず帰国されたとか。
「開会式には出ましたが、閉会式には出ていません。スタッフは、選手村の空き部屋の関係で帰らないといけないらしいんですが、選手は希望すれば最後まで残れるというオリンピックのルールがあるそうなんです。でもロンドン五輪のときもそうでしたが、自分の試合が終わると、一日でも早く帰りたいんです。あのときも、自分の試合が終わると、オリンピックに辟易しました。そこまでにエネルギーを使い果たしたせいだと思うんですが、オリンピックのマークを見るのも嫌でオリンピックの空気自体が嫌になるんです」

――それほど五輪に気持ちを高めたんですね?
「僕には、そういう傾向があるようです」

――3度目の出場となった五輪のプレッシャーはありましたか。
「期待をしてもらっていたのでプレッシャーはありました。ただ、自分の中では、北京、ロンドンと経験していたので五輪への慣れがあって落ち着いて臨めたんです。それに観客が少なかった(笑)。そのことが少なからずプラスに働きました。
 ロンドン五輪のときは、2万人以上のお客さんが集まって、スタンドも満席で、声が凄かった。お客さんが多ければ燃えるものもありますが、少し戸惑いはあったんです。欧州で行われる国際大会も、お客さんが少ないので、リオではいつもの大会と同じ気持ちで臨めたんです」

――今回のコースが羽根田さん向きだったというのは本当ですか?
「僕に合っていたと思います。北京、ロンドンと、スケールが大きな川でした。落差があって、水量も大きく、波のひとつひとつが大きくてパワーの必要なコースでした。でも今回は、落差が少なめ。複雑な流れがたくさんあって、大きなパワーよりも繊細な技術が、0.1秒を分けるというコースでした。実際に4位とは0秒14差でした。4位、5位の間もそうです。差が1秒なかったんです。そこが勝負を分けました」

――昨年11月のプレ大会で2位になりました。その経験が生きたのですか?
「あそこがリオ五輪のコースとのファーストコンタクトでしたが、11月はカヌーシーズンの終わりで、他の選手は、コースチェックを兼ねて遊びがてらに出ていたんです。だから、2位になったことで自信を深めたということはあまりなかったんです。ただ周りの選手は、非常にやりにくそうにはしていました。でも、僕にはその感覚はなく、もしかしたら周りの選手よりも僕の方がマッチしているかもしれないとは思いました」

――全長約250メートルの人工コースに24個のゲートが設置されるそうですが、そのゲートはいつセッティングされるのですか?
「前日にセットされて、実際、コースを見ることができます。ただ、実際にテストで下ることはできす、デモンストレーションとして見本で何人かが下るんです。それを参考に見てイメージを組み立てます。映像を使ったシミュレーションなどには取り組んでおらず、経験とイメージを元に、どういう戦略がベストかを考え、後はスタートしてから、瞬時に臨機応変に判断していくんです」

――イメージの中で勝利のラインが見えたりするものですか?
「そういう逸話があれば面白いんですが(笑)。一瞬、一瞬のシビアな判断が勝敗をわけます。コンクリートの人工コースですが、波や流れに何があるかわからない。一瞬の判断を間違えると、ゲートに触れて命とりになるんです」
   

――映像分析などは使わないのですか?
「並列映像っていうのがあって、例えば、AとBを映像上で並べて比較するケースはあります。Aは、あるゲートを右周りした、Bは左回りで、どちらのタイムが速いかを比較したりはします。大会で予選の1本目が終わって映像を出してもらって僕と1、2位のタイム差がどこでついているかを見て反省に使ったりはします」

――羽根田さんの得意なターンは?
「ゲートひとつひとつのターンというよりも流れを使うコースっていうものがあります。流れをいかに繊細な技術でうまく処理して、いかにロスなくいくか。水の感覚というものに重点をおいて練習してきました。それが僕の武器のひとつです。パワーでがちゃがちゃいくより、頭と技術を使っての細かいカヌー操作が必要なコースに自信があります」

――カヌーはタイムと減点競技。いかにミスをしないか? のスポーツですね。羽根田さんは、リオ五輪でノーミスでした。ミスをしないために何を?
「普段からミスをしない練習を心がけることです。僕の考え方のひとつに、『試合前に変わったことはしない、試合前にあがかない』というものがあるんです。試合のパフォーマンスは、ふだんの練習の結晶。ふだんの心がけが、そのまま出ます」

――昨年のリオプレ大会で2位、今年に入ってリオ五輪前にW杯で4位、3位になって五輪で3位です。急激な成長理由は?
「ここ1年間のパフォーマンスは自分でも驚くくらいに調子がいいんです。どんな選手でも勝ち続けるのは難しいのがカヌーです。この大会が良ければ、次はうまくいかない。カヌーには、吉田沙保里さんみたいな無敗の選手はいないのです。そんな中で、僕みたいに実力の伴っていない選手が、今季はワールドカップで4位、3位ときて、五輪で3位ですからね。要因は何か? と聞かれると、『どの大会も100パーセントで臨んだ、今までの積み重ね、心がけが、やっと咲き始めた』という答えしかないんです」

――心がけで言えば驚くほどストイックだとか?
「高校時代には3年間、ジャンクフードやお菓子の類は一切、食べませんでした。中3のときに欧州遠征をした際、某ハンバーガーを食べていたんですが、それを見たバルセロナ五輪金、アトランタ五輪銀のイタリアのピエパウロという選手に『それは、我々が食べる食品じゃないぞ!』と注意されたんです。まだ子供。感化されやすい年代でしたから、それを思い切り真に受けて、やりすぎるくらい徹底しました(笑)。清涼飲料や、お菓子、甘いものさえ一切、口にしたことはありませんでした」

――それは、今でも?
「僕からすれば普通なんですが(笑)。お腹がすいているときに目の前にスナック菓子が置いてあれば一枚は、つまみます。でも自分では買いません。ジュースや清涼飲料水は飲みませんし、お酒もよほどのことがない限り飲みません。スポーツ選手だからというわけでななく、食について健康に気を使っている感じですかね。ただ放っておけば痩せてしまうタイプなので、体重をなるべく落とさないように食べるようにはしています」

――選手村でもストイックに
「僕にとっては普通の今まで通りの生活で(笑)。浮かれることはなかったです。錦織選手、ボルト選手らにも会いましたが、“あっ”という感じでした。錦織選手、内村選手らを尊敬していますが、フラットに同じ人間。スポーツの世界だからといって神様はいません」

――スロバキアでの10年間の生活を支えてくれたお父さんと祝杯をあげたいと、いうコメントを何かで読みましたが、さすがにメダルを取ってからは飲んだんでしょう?
「いえ、まだ飲む機会がないんです。お父さんとは、機会があれば一緒に飲みたいのですが、祝杯というものはまだです。まあ一杯で駄目になっちゃうタチではあるんですが」

――ところで、バラエティー番組の「マツコ&有吉 怒り新党」で6月下旬に紹介されたことを知っていますか? 39歳のあなたの友人という男性からの投稿で「メダルに近い選手なのにマスコミがどこも彼を取り上げないことに怒りを感じています」というもので、タレントのマツコ・デラックスさんは「投稿は本人じゃないか?」との疑惑まで口にしていましたが(笑)。

「帰国して初めて知ったんです。投稿してくれた人に僕は見当をつけていたんですが、その人じゃなかったんですよ。兄貴の先輩が送ってくれたようです。番組は大会前にユーチューブで見ました。ありがたいなあと思いました。マツコさんへの御礼はまだ言えていません。もし会える機会あれば、僕みたいな選手を取り扱ってくれたことにぜひお礼を言いたいです。おまけにニックネームまでつけてもらったので」

(第2回インタビューに続く)

(文責・本郷陽一/論スポ、スポーツタイムズ通信社)