Bリーグの開幕2連戦に見えたプロの魅力と問題点

Bリーグの開幕2連戦に見えたプロの魅力と問題点

史上初のLEDコートを使った開幕イベントは壮大で美しく観客の雰囲気を盛りあげた。

 統合されたプロバスケットボールのBリーグの開幕第2戦を取材した。9月23日、代々木第一体育館。主催者発表の観客動員は、開幕戦より多い9461人。どちらがホームかわからないくらいに、アルバルク東京のブースターの赤と、琉球ゴールデンキングスの白に会場が真っ二つにわかれ、熱気に包まれていた。開幕戦ではファウルゲームにまでもつれこみながら5点差で惜敗した琉球は、戦術を変えてきた。

 第1ピリオドは、ビッグマン、197cmの大宮宏正(33)を先発させ、207cmの身長があるA東京の元日本代表の新加入PF、竹内謙次(32)の高さに対抗。開幕戦では、これまたA東京に新加入した元NBAのディアンテ・ギャレット(27)のマークに外国人を使ったためミスマッチが生まれ、その竹内に好きなようにやられた。その対策を練ったわけである。

 第1ピリオドで琉球は意識的にドライブで切り込んでインサイドを攻め込んでいく。
「決めたターゲットを攻めていくという指示をした」と、琉球の伊佐勉ヘッド(47)。しかし、試合後、19得点を記録したA東京のエース、田中大貴(25)が「ディフェンスからゲームを作ることができた」と語る堅固なマークを抜き去ることができない。

 ただ、この前半の戦術が後半に生きて「ギャップを生み出すことに成功した」(琉球の伊佐ヘッド)のだが、ここ一番でのミスが目立つ。日本代表にも名を連ねる琉球のエース、岸本隆一(26)が感性にあふれるトリッキーなパスワークでA東京のディフェンスを幻惑させるが、どうもオフェンスとの息が合わない。
「崩したが落とした」(伊佐ヘッド)というシーンが、何度も琉球ブースターのタメ息を誘うことになる。
 結局、74−53で、A東京の圧勝で連勝。この日の琉球に見せ場はなく、Bリーグの第2戦は、ゲーム内容としては“つまらない試合”となってしまった。

 A東京の伊藤拓摩ヘッド(34)は、その空気を読みとったかのように場内インタビューの冒頭で質問をさえぎって琉球へのリスペクトを口にした。

「私たちのチームは、相手が強いチームだからこそモチベーションを高く保てる。琉球は雑草だとか言われていたが、私から言えば強いエリートチーム。だからこそ高いモチベーションでこういう試合ができた。(連勝できて)ほっとしています」

 素晴らしいリーダーである。試合後の会見で、この試合のMIPに選ばれていたギャレットも「琉球は強いチーム」と評価していた。

 この開幕2連戦は、Bリーグの魅力と問題点を同時に示したと思う。
   

 最低年俸は決めたが、bjリーグと違ってサラリーキャップを作らなかったBリーグは、当面、企業をバックに持つチームの天下だろう。トヨタが前身のA東京も、ギャレット、竹内という大型補強をしていて、琉球の岸本も「完敗。認めざるをえない力の差があった」と言う。伊佐ヘッドも「サイズ、フィジカル面で今までのリーグの相手とは違うと思った」とオブラートに包みながら元企業チームの戦力の充実を指摘した。

 B1の残り16チームは明日から開幕を迎えるが、大型補強をしているチームのほとんどが、元NBLのチーム。外国人選手は、チームの戦術にアジャストするかどうかが重要で、A東京のようにビッグマンを竹内で埋めたため、異例とも言えるPGのポジションに外国人のギャレットを獲得して、うまくアジャストさせたチームが、他にも出るかどうかは未知な部分。しかし、60試合を戦う長いシーズンを考慮すると間違いなくフロントの揃えた戦力差が最終的な勝敗につながってくるだろう。

 また元bjリーグ側には、さらなるハンディもある。ルールの問題。bjリーグは、エンタテイトメント性を重視して、NBAルールを参考にルールを作っていたが、BリーグはNBLと同様、基本的には、FIBAの国際ルールに、のっとっていてレフェリーの笛への戸惑いも見えた。

 bjリーグでは、ゲームの流れを優先してトラベリングなどの反則は、多少甘く流していたが、この開幕2連戦では厳格にとられ、琉球の選手がトラベリングの反則で笛を吹かれるケースが目立った。また公式使用球も、bjリーグが使っていたスポルディング製ではなく、NBLで使われていたモルテン製が採用された。モルテン製は、スポルティングのそれより若干大きく、滑ると言われていて、実際、この2日間、琉球勢が手を滑らせボールを失うシーンもあった。

 だが、琉球のbj時代の創設メンバーで、今なお戦力としてチームを引っ張る31歳の金城茂之に、その点を聞くと、「トラベリングを取られましたが、自分としては、思い当たる節はあるし、レフェリングは正しかったと思う。それらの違いにはチームとしてアジャストしていかねばならない」と言い訳にしなかった。

 開幕戦では“雑草”と評された琉球が、A東京の緊張から来るミスも誘いながら緊迫のファウルゲームにまでもつれこませた。この日もアイデアあふれるオフェンスで崩す寸前までの形は作った、シュートを落としたが、それらが決まっていれば、もっと接戦となる可能性はあった。

 金城は、「弱点を長所に変えていかないといけない。僕たちにはスピードがある」と言った。
 伊佐ヘッドも続けた
「身長は伸びないんだから(笑)もっとスピードをつけていく。課題のフィジカルはスピードで補う」

 スピードと運動量に溢れる琉球のバスケットを勝利につなげることはできなかったが、サイズやフィジカルをスピードで凌駕するバスケットで勝てば、それは日本が世界に勝つためのヒントになるかもしれないし、そういうジャイアントキリングにこそ、人々は興奮、感動を覚える。そんな戦いの構図は、初年度のBリーグの魅力にもなるのかもしれない。
   

 一方、「アジアや世界の壁を打ち破りたい」と大河チェアマンが宣言するように、高いレベルを追求していくというBリーグのビジョンに基づき、各チームの年俸総額を青天井にした背景もある。チームの資金力に応じて戦力均衡の不公平は生まれるが、確かにA東京は、真剣勝負の中に、プロらしいプレーを随所に見せてくれた。子供たちの憧れにつながるような高度なテクニックだ。

 元企業チームの代表として高いレベルのプレーを披露してくれたスター軍団と、沖縄という地域で成功例を作ったチームとの開幕2連戦が、訴えかけたメッセージは、とても意義深かった。

 開幕戦のフジテレビ系列の視聴率5.3%は、ある意味、当然といえば当然。この日、スマホのLINEライブを約300万人が視聴し、公式サイトが約400万PVを記録したことが発表されたが、岸本も、田中大貴も、バスケットファン以外の一般の視聴者は、まだ詳しくは知らない。すでに押しも押されぬスターだった“三浦カズ”ら顔と名前が一致するスターがたくさんいたJリーグの開幕時とは、そもそもの下地が違う。今は、話題先行で視聴率を稼ぐよりも、そのバスケットの楽しさ、中身を評価してもらって、今後、そういうものが後からついてくる方が健全だろう。

 川淵三郎(日本バスケットボール協会エグゼクティブアドバイザー、Bリーグ名誉会員)というグローバルな視点を持つ人物がいなければ、成し遂げられなかったリーグ統合、そしてBリーグのスタート。
 
 A東京のヘッドコーチの実弟でもある伊藤大司(29)はクロージングセレモニーでこう宣誓した。
「この2日間、これまで味わったことのない素晴らしい雰囲気でプレーができました。スポンサー、メディア、ブースターの皆さんのおかげです。ここからは、選手がさらにレベルアップしたプレーを見せ、面白い、また見たいと思ってもらうように頑張りたい」
 
 そう。ここが始まりである。大きな可能性を秘めた夢のプロリーグがスタートしたのだ。

 (文責・本郷陽一/論スポ、スポーツタイムズ通信社)