神戸に世界の女子バレートップクラブ集結 2017年世界クラブ選手権

神戸に世界の女子バレートップクラブ集結 2017年世界クラブ選手権

[写真]開催国選出チームとして出場する久光製薬の長岡望悠選手(左)と石井優希選手

来年5月神戸で「FIVB世界クラブ女子バレーボール選手権2017」

 神戸に女子バレーボールの世界トップクラブチームがやってくる──。来年5月、神戸で「FIVB世界クラブ女子バレーボール選手権2017」(同5月8日〜14日・グリーンアリーナ神戸)が開催されることが決まり、30日開催地の神戸市で記者会見が行われた。同選手権の日本開催は初めてで、欧州、南米の大陸代表など合計8チームが参加する。地元日本からは先のアジアクラブ選手権で優勝したNECレッドロケッツと、神戸をホームタウンとする久光製薬スプリングスが開催国選出チームとして出場、世界の強豪を迎え撃つ。

「神戸はゲンのいい場所」

 今から25年前の1991年に第1回大会がブラジル(サンパウロ)で行われて以来、世界各地で開催されてきた世界クラブ選手権。世界のトップ選手が集まり「クラブ世界一」を競う価値ある国際大会が、11回目となる2017年、初めて日本で開催される。

 「神戸は31年前、1985年の神戸ユニバーシアードでバレーが(男女共に)金メダルを獲得したゲンのいい場所。現在は(V・プレミアのトップチーム)久光(製薬)の地元でもある。そこに世界のトップクラブ、各国のスーパースターが集まってくる。チームや選手に世界を感じてもらい、全日本の強化、リーグの底上げ、レベルアップにつなげていきたい。バレーボールがヒートアップして東京五輪に向かっていけるようにしたい」と木村憲治・日本バレーボール協会会長は熱い意気込み。

 久元喜造・神戸市長も、「神戸で、伝統のある、規模の大きい国際大会を開くことができることはたいへんありがたい。五輪に出場した選手もたくさん集まり、世界ナンバー1のプレーを間近に見られる貴重な機会。また神戸としても、1985年のユニバーシアード、1989年のフェスピック、2002年のFIFAワールドカップに続き、2017年に世界クラブバレーを開催することで『国際大会を開催する神戸』を世界にアピールすることもできる」と開催地として期待を込めた。

久光にとっては練習拠点である地元・神戸での開催

 また会見には、世界クラブ選手権に、現プレミアリーグの日本チームとして唯一出場経験がある久光製薬スプリングスの両エース、長岡望悠、石井優希選手も出席。久光製薬は中田久美監督が就任後の2014年大会から今年の2016年大会(10月18日〜23日・フィリピンで開催)まで連続出場し、2014年、15年と5位。常連になりつつあり、2度目の挑戦となった昨年の大会では優勝した欧州チャンピオンのエジザージュバシュ(トルコ・イスタンブール)を破り世界を驚かせ、一躍世界のトップクラブに名を連ねた。

 2017年の大会は久光にとっては練習拠点である地元・神戸での開催。「久光製薬スプリングスのホームタウン(神戸)で、日本で初めての開催となる世界クラブ選手権があるのはすごく嬉しい。ファンの方と熱く盛り上がれる大会にしたいと思います」(長岡)、「各国の名選手が集まるチームが出場するレベルの高い大会、クラブチームとして久光が勝ちきることが代表につながると思う。地元の神戸で開催していただけるということで、いつも以上に気合いが入ります。世界と戦う経験が最終的には東京オリンピックにつながると思うので、しっかり戦って結果を残したいと思います」(石井)と、健闘を誓った。

長岡望悠、石井優希のコメント

 長岡望悠のコメント:久光製薬スプリングスのホームタウン(神戸)で開催されるので、すごく嬉しく思いますし、ファンの方にも楽しみにしていただける大会になると思います。バレー界にとっても今後につながる大会になると思います。地元開催の代表としても日本代表としても、初めて日本で開催される世界クラブをしっかりと盛り上げて、今後につながる大会になるように取り組んでいきたいと思います。選手全員、ファンの皆さんに楽しんでいただけるようなパフォーマンスを準備したいと思います。

 石井優希のコメント:ファンの方と一緒に大会を盛り上げていきたい。中身のある大会だと思うので、勝ちきることによって自信になるし、バレー界にとっても大きなことだと思うので、神戸をはじめ日本中の皆さんに注目していただけるように一戦一戦頑張りたいです。中田監督は「久光からより多くの選手をオリンピックへ導きたい」という監督で、久光は世界を目指していますが、まだ表彰台に上れていないので、次こそはという気持ちが強い。いつも応援してくださっているファンの皆さんのためにも試合で結果を残すことが一番の恩返し。個人的には誕生日に大会がある(誕生日である5月8日に開幕)ことも縁だと思うので、その日は負けてしょぼんってなりたくない。結果を残して親にいい報告をするのが親孝行と思うので、頑張りたいと思います。

「FIVB世界クラブ女子バレーボール選手権2017神戸大会」の日程
・5月8日〜10日:プール戦(A・B2グループに分け1回戦総当り)
・5月12日:クウォーターファイナルラウンド(A1位×B4位、A3位×B2位、A2位×B3位、A4位×B1位)
・5月13日:セミファイナルラウンド
・5月14日:7-8位、5-6位、3-4位、1-2位決定戦