母国のF1GPでマクラーレン・ホンダが遅すぎた理由と巻き返し策は?

F1日本GPでマクラーレン・ホンダが惨敗した原因はマクラーレンの車体か

記事まとめ

  • 日本GPでマクラーレン・ホンダは敗れたがホンダのパワーユニットが原因ではないという
  • 真因はダウンフォース量が弱点であるマクラーレンの車体にあるらしい
  • 昨年まではホンダ側の弱点が目立っていたため、深刻に受け止められていなかったという

母国のF1GPでマクラーレン・ホンダが遅すぎた理由と巻き返し策は?

母国のF1GPでマクラーレン・ホンダが遅すぎた理由と巻き返し策は?

アロンソの乗ったマクラーレン・ホンダのマシン(写真:田村翔/アフロスポーツ)

「GP2エンジン。GP2……ウォォー!」

 ホンダのF1復帰初年度となった昨年の日本GP。ストレートで為す術なくオーバーテイクされていったアロンソは、無線でチームにそう叫んで怒りをあらわにした。

 あれから、一年。今シーズンのホンダは表彰台にはまだ届いていないものの、昨年を大きく上回る成績を残している。2015年は1年間で27点しかポイントを得ることができなかったものの、今年は日本GP以前にすでに昨年の2倍以上の62点を獲得。トップ3チームに次ぐ争いの輪に加わっていた。ホンダにとって、ホームコースとなる鈴鹿でもポイント獲得は確実だと思われていた。

 雪辱を期して臨んだ復帰後、2度目の母国グランプリ。しかしホンダは予選でバトンがQ1脱落し、アロンソもQ3へは進出できずに終わる。さらに日曜日のレースでは、トップ3チームに次ぐポジションではなく、その後方を走る下位チームと争う結果となった。予選のアロンソ15位、バトン17位は昨年の14位、16位よりも低く、日曜日のレースでの16位(アロンソ)、18位(バトン)は昨年の11位と16位を大きく下回った。これは、今年ホンダが2台そろって完走したレースで最低の成績だった。

 なぜホンダは今年の日本GPで惨敗したのか。アロンソはレース後、こう語っている。

「週末を通してずっと遅かったことに少し驚いている。だって、日本GPの前の週に行われたマレーシアGPで僕らは7位につけていたのに、1週間後の鈴鹿ではザウバーの後塵を拝してしまったんだからね。その理由がなんだったのか……」

 じつは、そう語るアロンソの昨年の「GP2エンジン」という無線に、今年のマクラーレン・ホンダが失速した原因が隠されているのではないか。

 今年、ホンダのパワーユニットは大きく向上した。昨年、最大の課題だったデプロイと呼ばれるエネルギー回生量も増加。依然としてF1界で最強と言われるメルセデスのパワーには追いついていないものの、昨年からの向上率はライバルたちを上回っていた。その証拠に今年ホンダのマシンがストレートでごぼう抜きされるシーンはほとんど見かけなくなったし、もうドライバーが「GP2エンジン」と叫ぶこともなくなった。

 つまり、昨年も、そして今年も日本GPで惨敗した真因は、ホンダのパワーユニットの性能にあるのではなく、じつはホンダがパートナーを組むマクラーレンの車体にあったと考えるのが自然なのである。
   

 それを如実に示しているのが、予選での区間タイムである。鈴鹿には18のコーナーがあり、そのうちそれぞれ7つずつがセクター1と2にあり、セクター3には4つしかないのだが、マクラーレン・ホンダのマシンはセクター1がもっとも遅かった。セクター1はエンジンパワーよりも空気の力で車体を地面に押し付けるダウンフォース量が重要な区間。これは鈴鹿に限ったことではなく、現在のF1を戦う上で重要な要素なのである。そして、残念ながら、マクラーレンの弱点でもあった。
 
 しかしながら、昨年まではホンダのパワーユニットのパワー不足と信頼性不足ばかりがクローズアップされていたため、その弱点があまり深刻に受け止められていなかった。そして、車体性能がもっとも重要な役割を果たす鈴鹿のセクター1で、マクラーレンのウイークポイントが露呈してしまった訳である。
 
 セクター1は中速コーナーが連続するだけでなく、起伏に富み、逆バンク状になっているコーナーがある。このような車体に厳しいサーキットはほかにはない。したがって、マクラーレン・ホンダの失速は鈴鹿に限った話で、今後は再び入賞を賭けた戦いが見られるはずだ。
 
 だからといって、それで問題が解決した訳ではない。ホンダが目指すチャンピオンになるためには、鈴鹿のようなコースでしっかりと結果を残さなければならないからだ。
 
 2度目の母国グランプリとなった2016年の日本GPで、ホンダは今年これまで経験したことがない屈辱を味わった。長谷川祐介総責任者も「これほど多くのファンが応援に来てくれたのに、こういう結果に終わったことは本当に残念でなりません」と厳しい表情で苦しい胸の内を明かした。

 来年、F1は車体に関するレギュレーションが大きく変わる。いまこそ、マクラーレンもホンダも、自らの弱点を真摯に見つめる最高のタイミング。そして、今年味わった屈辱を是非、来年晴らしてほしい。

 (文責・尾張正博/モータージャーナリスト)