13年ぶりのVを浦和レッズにもたらした「メンタル力」

13年ぶりのVを浦和レッズにもたらした「メンタル力」

PK戦を制した浦和レッズが13年ぶりに優勝(写真:アフロスポーツ)

 前半途中で無念の負傷交代を強いられ、ベンチで戦況を見つめていた浦和レッズのMF宇賀神友弥は、勝利を信じながら一抹の不安を募らせていた。

「正直、いままでの流れだと負けゲームだった」

 YBCルヴァンカップ(旧ヤマザキナビスコカップ)決勝。J1セカンドステージと年間総合順位の両方で首位を快走するレッズが、下馬評では断然優位と見られていた。2週間前に同じ埼玉スタジアムで対峙したリーグ戦では、レッズが4‐0のスコアでガンバを一蹴している。

 しかし前半17分に先制したのはガンバだった。1トップのアデミウソンが、約60mものドリブル突破からゴールを陥れる。DF槙野智章が強引にドリブル突破を図り、不用意にボールを失ってはカウンターを発動される。レッズの典型的な失点パターンは、これまでなら“崩壊”への序曲でもあった。

 振り返れば、勝てばJ1優勝が決まった2014年11月22日も、チャンピオンシップ準決勝を戦った昨年11月28日も、そして天皇杯制覇をかけた今年元日も先制を許し、取り返そうと前がかりになった背後を突かれてはさらに失点を重ねて一敗地にまみれてきた。相手はくしくもすべてガンバだった。

 しかし、冒頭で記した宇賀神が「負けゲームだった」と過去形で語ったように、この日のレッズは違った。アデミウソンと巧みに体を入れ替えられ、ドリブルを開始されるきっかけを作ったDF遠藤航が言う。

「自分の思うような守備ができない、あるいはちょっとしたミスで失点を招いてしまうのは、センターバックならば必ずある。大事なのは失点の後に自分のなかでしっかりとメンタルをコントロールして、ショックを引きずらないこと。これ以上は絶対にゴールさせてはいけないと、槙野君と森脇君と何度も話しながらプレーしていた」

 積極的な攻撃参加を武器とする3バックの左右、槙野および森脇良太に自重を促しながらリスクマネジメントを徹底したのが遠藤ならば、攻撃を差配するボランチの柏木陽介は意図的にボールを落ち着かせる時間を作っては、展開に応じてアタッカー陣を制御した。

「味方のサポーターからは『急げ』という感じでブーイングを受けるシーンもあったけど、オレはそこであえてタメを作ることが必要だと思った。いつも急いではボールを奪われて、カウンターを食らうシーンが多かったので。必ず1点は取れる、という自信があったし、それができた点でチームとして成長したし、個人的にもどんどんよくなっているのかなと」

 耐えて、我慢して迎えた後半31分。言葉通りに柏木が同点弾をアシストする。利き足の左足から放たれた右CKは鋭い軌道を描きながら、ニアサイドに陣取った相手選手の頭上を越えてから急降下。直前に投入されたばかりのFW李忠成の頭と鮮やかにシンクロした。
   

 延長戦を含めた120分間を戦っても決着がつかず、突入したPK戦。5人のキッカーと対峙した過程で、今度は守護神・西川周作が自らを律する。読みの鋭さを前面に押し出すあまりに先に右へ跳び、2人目のMF今野泰幸にど真ん中に決められたシーンに思わず天を仰いだ。

「次は真ん中のまま先に動かないと、自分のなかで決めました」

 読みの鋭さ以上に、反応の速さには自信がある。先に動かないことが4人目のルーキー、FW呉屋大翔には逆にプレッシャーとなったのだろう。左を狙った呉屋のPKは、とっさに伸ばされた西川の右足に弾かれた。対するレッズは5人全員が成功。サンフレッチェ広島から加入して3シーズン目で、初めてなし遂げたPKストップが勝利を手繰り寄せた。

 13シーズンぶり2度目となるYBCルヴァンカップ制覇。レッズが獲得したタイトルは2007シーズンのACL以来で、国内三大タイトルに限れば2006シーズンの天皇杯以来、実に10年ぶりとなる。

 あと一歩で頂点に届かなかった負の歴史を、乗り越えられたのはなぜなのか。
日本代表の一員としてワールドカップ・アジア最終予選を戦った南半球のオーストラリアから、柏木とともに12日に帰国したばかりの西川は「メンタルだと思う」と力を込める。

「チームに合流したときも、みんなの肩の力がしっかり抜けていると感じられた。こういう試合でも緊張感とリラックス感が同居した、本当にバランスの取れたメンタル状態で戦えたし、なおかつ120分間を通して相手よりも戦う気持ちが強かったことが結果に表れたと思う。このチームはひとつタイトルを取れば、いい意味で調子に乗っていける。今後の戦いへ向けて最高の弾みになると思う」

 厳しいアジア予選を勝ち抜いてリオ五輪切符を勝ち取った、U‐23日本代表のキャプテンを務めた新加入の遠藤。ハリルジャパンでの出場機会を増やしている柏木と西川。日の丸を背負った戦いで得た経験が還元されていることに加えて、肋骨骨折を押してフル出場したキャプテンのMF阿部勇樹をはじめ、チームの誰もが「二度と同じ過ちを繰り返したくない」と念じ続けた今シーズンの軌跡が“心”を成長させた。
   

 もともと“技”と“体”はJ1でもトップクラスだったからこそ、常に国内三大タイトル争いに絡み続けてきた。そうした状況で手にしたタイトル。延長後半の終了間際にあわや失点というこぼれ球をゴールライン上で掻きだした森脇は、「これで殻を破れる」と声を弾ませる。

「ここまで積み上げられてきたレッズのスタイルは、もっと評価されてもおかしくないものだし、その意味で自分たちに足りないのはタイトルだけだと思ってきた。大事なところでことごとく負けてきた過去、俗にいう“勝負弱いレッズ”を払拭したことによって、次のタイトルというものにより近づけると思う」

 アルビレックス新潟のホームに乗り込む22日の次節で、早ければセカンドステージ優勝が決まる。すでに進出を決めているチャンピオンシップでも、決勝戦へシードされる年間総合順位の1位へ大きく近づく。ライバルになるのは、年間総合順位で勝ち点1差の2位につける川崎フロンターレ。運命のいたずらか、来月12日の天皇杯4回戦でフロンターレと対戦することが抽選で決まったばかりだ。

 今シーズンの対戦成績は1勝1敗。しかし、ファーストステージでは今年から取り組んでいる攻守の素早い切り替えと前線からの激しいプレスでフロンターレを圧倒。スコアこそ1‐0ながら、試合後には相手に「強い」と白旗をあげさせた。

「一冠を取った僕たちは、三冠を取れるチャンスをも得た。現状に満足することなく、次の目標へ向けて突き進んでいきたい」

 森脇が「三冠」という言葉をはっきりと口にした。2年前のガンバもヤマザキナビスコカップ制覇で得た自信を勢いに変えて、J1と天皇杯を手にした。強い“心”を武器に壁を乗り越えたレッズが、史上3チーム目の国内三大タイトル独占へつながる上昇気流に乗った。

(文責・藤江直人/スポーツライター)