羽生結弦の国民栄誉賞 異例の「4か月お預け」と異論噴出

羽生結弦の国民栄誉賞 授与方針から「4カ月お預け」は異例 松井秀喜氏は2週間

記事まとめ

  • 羽生結弦に国民栄誉賞が授与されることが6月1日、正式に発表された
  • 政府が授与の方針を固めたのは3月2日で、「表彰式まで4カ月お預け」は異例という
  • 長嶋茂雄氏と松井秀喜氏は指示から決定まで2週間で、羽生善治氏は約3週間だった

羽生結弦の国民栄誉賞 異例の「4か月お預け」と異論噴出

羽生結弦の国民栄誉賞 異例の「4か月お預け」と異論噴出

国民栄誉賞が遅れた理由は?

 おめでたいニュースに列島が沸いているが、水面下では異論が噴出していたようだ。「今後の競技生活への重圧」「賞の政治利用」「未受賞者の実績との比較」。それでも羽生が受賞に値した本当の理由とは──。

「いつもならユヅくんがリンクの真ん中で『ありがとうございました!』って丁寧にお辞儀をしてフィナーレを迎えるんだけど、その日は会場から一斉に『おめでと~!』って声が上がりました。ユヅくんは感極まった表情で会場を見渡しながら、自分を指さして“本当はぼくがありがとうを言う番なんだよ”っていうジェスチャーをして。祝福の歓声の中で手を振りながらリンク脇に下がると、見送った私たちも涙、涙でした」(観客の1人)

 6月1日、羽生結弦(23才)に国民栄誉賞が授与されることが正式に発表された。史上最年少での受賞になる。その翌日、アイスショー「ファンタジー・オン・アイス」(いしかわ総合スポーツセンター、金沢市)に出演した羽生は、祝福のサプライズに感無量の様子だったという。

 おめでたいニュースなのだが、首を捻ったファンも多かったようだ。そもそも、政府が国民栄誉賞の授与の方針を固めたのは、2大会連覇を果たした平昌五輪閉幕から間もない3月2日のこと。羽生の所属先の城田憲子監督(71才)はその時、「政府から認められ、感激はひとしお。フィギュアの金メダルの重さを認めてくれた」と喜んでいた。だから、「とっくに受賞したと思っていた」というファンがいたこともわかる。

「3月に発表されたのは、『首相が授与の検討を指示した』というだけでした。でも、歴代受賞者を見ると、『検討の指示』の後、1か月も経たずに正式決定しているので、長らく音沙汰なく表彰式まで4か月も“お預け”になった羽生選手のケースがかなり異例だったんです」(全国紙スポーツ部記者)

 たとえば、2013年に受賞した長嶋茂雄氏と松井秀喜氏の場合は、「検討の指示」から「決定」まで約2週間だった。今年2月に受賞した将棋の羽生善治氏と囲碁の井山裕太氏のときは、年末年始休みを挟んだという事情もあって約3週間かかった。その一方で、羽生のケースでは正式決定まで約3か月かかっている。

 そもそも国民栄誉賞とはどのように決まるものなのか。

 内閣府によると、《広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃えること》が賞の目的だという。

「1977年、王貞治さんがホームランの世界記録を樹立すると、“栄誉ある賞を与えるべき”という世論が沸き起こりました。しかし、王さんは叙勲には若すぎる。そこで、当時の福田赳夫首相が国民栄誉賞を新たに創設しました」(前出・スポーツ部記者)

 そうした経緯もあり、授与のプロセスはまず首相が授与の「検討の指示」をするところからスタート。次に内閣府が功績の確認を行い、最後の段階で行われるのが「有識者からの意見の聴取」だ。

「候補者が賞にふさわしいかどうかを各界の有識者に尋ねます。有識者は人数も名前も非公開です。候補者の業界に詳しい識者や学識経験者、経済団体幹部など、十数名だといわれています。

 羽生選手の場合、正式決定まで異例の時間がかかったのには、この有識者の中に“授与には慎重であるべきだ”という意見が少なからずあったからとしか考えられません。3か月もかかったわけですから、意見が紛糾して“受賞見送り”の可能性もあったのでしょう」(永田町関係者)

◆イチローは「未熟者だから」

 実際、羽生の受賞には「検討の指示」の段階で反対の声が少なくなかった。スポーツジャーナリストの谷口源太郎氏はこう話す。

「国民栄誉賞は『到達点』として引退後や没後に授与されるならまだしも、20代前半の羽生くんのように若い選手にとっては、今後の長い選手生活でプレッシャーになりかねません。そもそも、国民栄誉賞はその成り立ちからして、時の首相の“人気取り”の手段であって、大した権威があるわけではない。政府はもっと選手の今後の人生も考慮してほしい」

 過去に国民栄誉賞を辞退したスポーツ選手が2人いる。1人はイチロー選手(44才)。「現役の間はもらう立場にない」「未熟者だから」と2度のオファーを固持した。

 もう1人は阪急(現・オリックス)で活躍し、通算盗塁数の世界記録を更新した「世界の盗塁王」福本豊さん(70才)だ。本人が辞退した理由をこう説明する。

「辞退したのは国民の見本になれる自信がなかったからです。ぼくはパチンコはするし、麻雀もするし、たばこも吸うし。自分には相応しくない賞だと思いました。それぐらい、重く、大きな賞で、広く国民に愛され敬われるような人物でないといけないという、ぼくなりの解釈があった」

 若くしてそうした賞をもらうことは名誉なことである一方、羽生にとっても競技生活のみならず、プライベートでも重荷になるという意見だ。

「羽生選手の人気が、政治的に利用されている」と指摘するのは、ジャーナリストの大谷昭宏氏だ。

「落ち目になった政権が人気回復を狙って国民栄誉賞を利用することは過去にもありました。安倍政権が過去最低の支持率である今回の授与のタイミングは言わずもがな。アスリートの努力の結果が政治の道具にされるのはご本人にとっても不本意でしょう」

 また、「他の選手の実績との比較」から羽生の受賞はスッキリしないという声もある。「五輪連覇」なら柔道の野村忠宏(43才)は3連覇しているし、谷亮子(42才)も2連覇している。体操の内村航平(29才)は2連覇に加えて世界選手権でも6度優勝しているが、いずれも受賞していない。北島康介(35才)はアテネ五輪後にも北京五輪後にも「候補」として名前が浮上したが、結局、授与されずじまいだった。

 さまざまな意見がある上で、今回羽生が受賞したのは、たんに「アスリートとしての実績」が評価されたからではないという部分が大きいようだ。

「被災者の“痛み”を背負って滑るような彼の姿が、どれだけ被災地を励ましてくれていることか。彼が受賞することは被災地にとっても大きな喜び。堂々と受け取ってほしい」(宮城県在住・女性・52才)

 宮城県仙台市出身の羽生は、「3.11」のその瞬間も仙台市内にあるスケート場にいた。活躍して得たお金は、惜しみなく支援に使い、金メダルの報奨金はソチ、平昌両大会とも震災復興のためにと全額被災地に寄付している。

 授与決定を受けて、羽生はこんなコメントを発表した。

「この賞が被災地やスケート界にとって明るい光になることを願っている」

※女性セブン2018年6月21日号

関連記事(外部サイト)