世界各国の美女が映し出されるW杯、絶対に見逃せない戦い

世界各国の美女が映し出されるW杯、絶対に見逃せない戦い

ロシアは開幕戦を大勝して好発進(時事通信フォト)

 いよいよ開幕である。ブックメーカーによると優勝候補の本命はブラジル、次いでドイツ、フランス、スペインの順だとか。一方で、コラムニストの石原壮一郎氏は「もうひとつのワールドカップ」への意気込みを綴る。

 * * *
 4年に一度、世界じゅうが盛り上がるサッカーの祭典「2018FIFAワールドカップ ロシア」が始まりました。日本代表チームはコロンビア戦が6月19日21時から(日本時間)、セネガル戦が25日0時から(同)、ポーランド戦が28日23時から(同)です。

 おっさんとしては、ワールドカップだからといってサッカーだけにウツツを抜かしている場合ではありません。試合の中継には、世界各国の美女たちが映し出されます。ワールドなカップ、つまりは世界のカップ、すなわちいろんな国のオッパイにもしっかり注目したいところ。これぞ真のワールドカップ。絶対に見逃せない戦いが、そこにあります。

 国が違えば、オッパイもさまざま。2012年にグーグルtargetmapが、世界各国の女性の平均の胸の大きさの分布図を発表しました。それによると、ロシアは平均が「Dよりも大きい」トップグループであることが判明。スウェーデン、ノルウェー、フィンランドなど北欧の国々も同じトップグループです。サッカーのワールドカップが開催されているロシアは、図らずも、いや測ってみたらオッパイのワールドカップでも大活躍でした。

 ちなみに、平均がDカップだったのは、アメリカ、ドイツ、コロンビア、ベネズエラ。トップグループのスウェーデンとDカップグループのドイツ、コロンビアは、サッカーのほうのワールドカップにも出場しています。噂通りの実力なのか言うほどでもないのか、試合を観戦しつつチラチラ映る客席もしっかり観察しましょう。

 残念ながらというか、控え目なところが味わい深いというか、日本、中国、韓国、東南アジアなどは、平均が「Aカップ」というもっとも小さめのグループでした。といっても、カップの基準は国によって違います。とある下着メーカーの調査では、日本人女性でいちばん多いのはBカップという結果が出たとか。いや、だからといって世界の強豪たちと互角に戦えるわけではないんですが。

 なぜロシアや北欧のツートップが、突出した力を示しているのか。寒い地域なので脂肪が蓄えられやすいとか、キャベツや牛乳をたくさん摂るからではないかとか、諸説あります。キャベツに含まれるボロンというミネラルは、バストアップの救世主として有名。女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌を促進し、乳腺の発達を助けると言われています。牛乳は豊富な脂肪やタンパク質が、オッパイの成長を促している可能性が大。

 よく勝負の前には、縁起をかついでトンカツを食べたりします。彼女や奥さんと日本対コロンビア戦を見ることになったら、キャベツをかじりながら牛乳を飲んで、オッパイのワールドカップにも果敢に参戦しましょう。ただ、熱くなりすぎて、うっかり「ああ、やっぱり世界の壁は厚いなあ!」と嘆いてしまったら、即座にレッドカードを出されて退場になっても文句は言えません。

 オッパイの「ワールドカップ」を語るなら、国別のカップの違いにも着目しておきたいところ。日本ではCカップでございとそっくり返っているオッパイが、アメリカやイギリスでは大胸、いやおおむねBに分類されてしまいます(DやEも同様にひとつ下のサイズに分類されがち)。全体的な形も国産メーカーのものは日本人の平たい体型に合わせて作られていますが、海外製のブラは微妙にしっくりこないとか。

「ブラにもお国柄がある」と意識することで、観客席のワールドカップにより熱い視線を注ぐことができるはず。ひるがえってピッチに目をやったときには、日本チームの「海外組」の選手たちがそれぞれの国でいかに苦労しているかが偲ばれて、多少のミスは寛大な気持ちで見ることができるでしょう。まさに、ふたつのワールドカップの融合。

 どっちのワールドカップを重点的に観戦するか、それはあなた次第。いずれにせよ、期待と興奮で思いっ切り胸をふくらませましょう。サッカーのワールドカップで世界の人々の心がひとつになり、もうひとつのワールドカップで世界のおっさんの心がひとつになったら、それはとても素敵なことですね。

関連記事(外部サイト)